山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS メダカのすすめ <野牡丹>

<<   作成日時 : 2014/09/04 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

代々木公園では、蚊対策に噴水の池の水を抜いたという。

殺虫剤も撒布していた。

何もしないわけにいかない。何かしてますというポーズだ。

あんなことで、蚊が根絶できるわけがない。

一時的な効果も果たしてあるかどうか疑問。


わたしは、池の蚊対策にはメダカが一番と推薦したい。

メダカは別名「蚊絶やし」という。

ボーフラは、メダカの大好物。メダカの前のボーフラは瞬く間に食い尽くされる。


メダカが増えると今度はメダカを食べるヤゴ増える。

ヤゴはトンボの子。トンボになれば、メダカのいない小さな水溜りで育った蚊を捕食する。


薬に頼り、池を涸らしすのは、蚊の天敵も殺し、逆効果も大きい。

代々木公園に限らず、日本中の池で、メダカを育てたらどうだろう。

子どもたちには、メダカにも大切な役割があることを教えたい。

そういうことが本当の自然教育だ。


実は、メダカも絶滅危惧種なのだ。

農薬と田んぼの中の小川までコンクリートで固めたためだ。

静岡の田舎でもほとんどいなくなった。

数年前、甥っ子たちと調査して、大津という隣村の小川でようやく生息を確認した。

5年前にはたくさんのメダカが群れていた多古町の池も今年はもういなかった。


メダカは行動範囲が狭く、小さな単位ごとで異なったDNAをもっている。

数年前、絶滅したと思われた杉並で、民家の池から固有種が発見されて話題になった。


日本中の公園の池で地元の固有種のメダカを育てたら一石三鳥だ。

デング熱対策、メダカの保護、、トンボが舞いメダカが群れる公園の復活。

ノボタン 撮影2014年9月
近所で一枝いただいてさし芽で育てました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メダカのすすめ <野牡丹> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる