山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字文化圏  <絵手紙>

<<   作成日時 : 2014/10/14 06:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日本のようになかなかノーベル賞を受賞できないのは何故か。

韓国で様々論議されているようす。

その中で、「漢字」の問題が上がっている。


韓国も学術用語は漢字語を使っている。

たとえば「準備」は韓国でも「ジュンビ」だ。

ところが、民族意識の高まりの中で、漢字を排斥した。

かつては、韓国でも漢字・ハングル交じり文が主流だった。

それが、今はハングル文字一辺倒。

その結果、韓国の若い世代は、自分の名前すら漢字で書かけない人もいるという。


ハングル文字はたしかにすばらしい表音文字である。

しかし、漢字の偉大な力を捨てたのは馬鹿げた行為だと思う。


その点、日本の表記法は良く出来ている。

表意文字の漢字。表音文字の平仮名とカタカナ。

この三種類の文字をうまく利用している。


漢字のない、平仮名だけの文がどんなに読みにくいか、意味も分りにくい。

韓国語は母音が多く、日本のように同音異義の言葉は少ない。

だから、日本の平仮名だけの文よりずっと分りやすいそうだ。


「万有引力」「振り子の等時性」「「圧力」「真空」「気体液体固体」「放物線」

こうした学術語をすべて平仮名で学んだら理解に苦しむ。

その点、漢字の知識があれば、ずっと理解が早い。

「万物には引き合う力が有る」といった具合だ。


民族意識の高揚を漢字の排斥という形で進んだ韓国は随分損をした。

「漢字」は中国だけでなく、東アジアの宝物だと思う。

韓国には是非戻ってきて欲しい。

それは、韓国の国民文化の前進にとってもプラスになる。


民族の力の中には、外部からの様々な影響を上手く取り込む能力もある。

その点で日本の先人たちは有能だった。

欧米は無論、隣国やイスラム文化圏との交流もだから大切なのだ。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中国の簡体文字も問題ですね。ハングルといい、古典を読めなくなりますね。日本人でも古典を読むのは難解ですが、それとはレベルが違います。漢字は右脳で瞬時に読み取れる優れた表記方法でもあります。
wonder
2014/10/14 09:14
同感です。
 じつは、この原稿の最後に簡体漢字のことも触れていました。しかし、長すぎると思いカットしました。
 漢字の簡略化は必要だと思いますが、国際的な連携、規格の統一を前提にしないと困ります。自分の国だけ勝手にやるのはどうかと思います。難しいことだとは思いますが、漢字文化圏の発展のために、日中韓の連携を期待しましょう。
山野草
2014/10/14 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字文化圏  <絵手紙> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる