山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 崖の崩落事故   <岩たばこ>

<<   作成日時 : 2014/10/27 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

台風による崖の崩落事故を巡って、横浜市の対応が問題になっている。

問題を指摘した崖の8割が、その後放置されたままだったのだ。

単なる引継ぎの不手際ではない。


実は、わたしもひどい目にあうところだったのです。

事の起こりは3年前。娘の家の裏隣がオープンハウスになった。

「おとうさん、どう?」と娘に言われて見学した。


ほぼ決めかけたところで、ふと、土手の壁面を見て驚いた。

まるで妊婦の腹のように膨らんでいる。

「これは、欠陥住宅だね」わたしは呆れて購入をやめた。

住友不動産の営業マンは俯いたまま。


売り家は、1年ほど買い手が付かなかったが、そのうち売れた。

その壁が、18号台風で見事に崩落した。

崩落した崖と家の基礎の間は30センチもない。


横浜市は壁面の危険性を知っていたのか?

仲介業者は壁面が危険であることを買い手に説明したのか?

今住んでいる方はその危険を承知で買ったのか?

そして、1000万ではとても、といわれた改修費用を誰が負担するのか?

イワタバコ 撮影2014年10月
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
崖の崩落事故   <岩たばこ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる