山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜シネマリン <絵手紙>

<<   作成日時 : 2014/12/13 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人生、時に、思いがけないことを体験するものです。

昨夜、妻の絵手紙仲間の八幡さんが立ち上げた映画館のオープニングに参加。

小津監督の青春コメディ「青春の夢いまいづこ」を観ました。


チラシに柳下美恵さん伴奏付きと添え書きが。

映画の前にピアノの演奏でもあるのかなと思っていました。

ところがどっこい、なんと、ピアノの生伴奏付き「サイレント映画」だったのです。


生まれてはじめての体験。それはそれは見事なピアノ演奏でした。

終わりころには、ピアノの伴奏に合わせて画面が動いているような一体感。

初めて人形浄瑠璃を観たとき、最後の道行きで、黒子が消えた時を思い出しました。


さて、映画の感想はこれくらいにして、「横浜シネマリン」(←リンクしてあります)の紹介を。

上映作品・上映時間などは横浜シネマリンホームページでご確認ください。


関内駅を下り、伊勢佐木モールを3分も歩くとドンキホーテのでかいビルがあります。

その手前で左を向くと横浜シネマリンの看板が目に入ります。


街の映画館は次々閉館する冬の時代。

そんな閉館話の出た映画館を引き取って再開したのが代表の八幡さん。

八幡さんは本当に映画好き。ずっとよい映画の上映鑑賞活動を続けてきた方です。



新装成った映画館は、多くの映画関係者が協力して造ったそうです。

映画を愛するプロたちの、技術と執念の塊。音響はじめ設備は抜群です。

おまけに座席はソファー、床はフラットで絨毯敷き、トイレもきれい。ロビーも意外と広い。


上映する映画も新作・旧作・ドキュメントと映画を愛する人たちの選りすぐり。

わたしのような門外漢には、よい映画を知る絶好の映画館です。

きのう12月12日は小津安二郎の誕生日で命日。

そんな日を選んでオープニングに小津監督作品を上映する。

八幡さんは、本当に映画が好きな方なんだなと、改めて思いました。

みなさん、応援しましょう。

作品は八幡さんからの2011年の年賀

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜シネマリン <絵手紙> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる