山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS IP電話  <絵手紙>

<<   作成日時 : 2014/12/09 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大雪の四国山間部にまでIP電話が導入されている。

すごい時代です。

しかし、残念ながら、今回の大雪では停電で、IP電話使えなかったそうです。


IP電話の普及以上に驚いたことがあった。

なんと、山に囲まれた四国の山奥まで、電気がなければ「暖」も取れない。

家の作りが電化に対応しているために、都市も農村も同じなのだ。


わたしの静岡の実家は、風呂は薪で沸かしている。

と言っても、昔の風呂とは違って、給湯式。

薪ストーブも使っている。

しかし、最初の設備にけっこう資金がいるようだ。


あり余る薪を一切使わないのは「もったいない」話。


そこで、提案です。

「発電機能付き万能薪ストーブ」はどうですか。


都市部は無理ですが、地方の農村なら薪の確保はそれほど難しいことではありません。

いざというときは、薪を焚いて、暖をとり、お湯を沸かし、ご飯も焚ける。

問題は、「発電機能」だ。

携帯の充電、部屋の照明、できればTVは見える程度のパワーで良い。


日本の技術をもってしたら、「電機能付き万能薪ストーブ」など簡単に出来ると思いますが。

素人考えですかネエ?

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IP電話  <絵手紙> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる