山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代史と韓流ドラマ  <ショウジョウバカマ>

<<   作成日時 : 2015/03/13 05:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

618年中国を統一した唐は、対外膨張主義に。

その影響で、7世紀半ば、東アジアは激動の時代を迎えていました。


642年、高句麗王・栄留(ヨンニュ)は将軍・ヨン・ゲソムン(淵蓋蘇文)に殺されます。

この年、百済でも義慈王の政変が起きています。

645年 倭国はご存知・中大兄皇子による大化の改新(乙巳の変( いっしのへん))。蘇我氏滅亡。

647年、新羅ではピダムの乱が勃発。

善徳女王は反乱を鎮圧。加担した30人の大貴族を処刑します。


東アジア各国を襲ったこの政変の要因は、唐の対外膨張政策にありました。

唐と戦うべきか、服従すべきか。


大化の改新を中央集権制古代国家建設を目指した、という説もあります。

しかし、どうもそれは、結果。

本当は、蘇我氏の対唐政策への不満が主因だったようです。

蘇我氏は唐の軍事力を過小評価。おまけに、百済出身だったため、親百済政策を採ったようです。


高句麗・百済・倭は連合して唐と戦い、新羅は唐と同盟。

その結果、高句麗・百済は滅亡。倭国は、日本に名前を変えて生き延びます。



実は、この時代を題材に、韓国ではたくさんのドラマが作られています。

最近放送された 「剣と花」は、高句麗で起きたクーデターが舞台。

栄留王の娘・ソヒ王女とヨン・ゲソムンの庶子 ヨン・チュンの悲恋物語。

ロミオとジュリエットの高句麗版です。


善徳女王」は新羅のピダムの乱が舞台。


百済・義慈王の政変を舞台にしたドラマはないようです。

しかし、その前後の百済を舞台のドラマは、「ソドンヨ」「ケベク」そして今放送中の「帝王の娘スベクヒャン」と目白押しです。

ラストエンペラー義慈王はたびたびドラマに登場します。


ところが、一番豊富な記録が残っている日本では、なぜかこの時代のドラマは不作。

日本のドラマは、せいぜい10世紀(平安時代)以降の話ですね。

NHKの大河ドラマに「源氏物語」があってもよさそうに思いますが、それすらない。

韓国と日本のこの違いは一体何だと思いますか?

ショウジョウバカマ 撮影 2015年3月
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古代史と韓流ドラマ  <ショウジョウバカマ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる