山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ウイロウ  <菊桃>

<<   作成日時 : 2015/04/04 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きょうは、横浜歴史研究会の例会に参加した。

キャッチフレーズに「大河ドラマを観る心が変わります」とある。

間口が広く、少し、肌に合わない会だった。


先月、知り合いに「小田原のウイロウ」を頂いた。

「小田原のウイロウを知ってる?」 「ウイロウは名古屋でしょう。」

「違うわよ!!お薬よ」と、初めて「ウイロウ」という漢方薬を知った。


ところが、研究会で「倭寇」の歴史研究の発表を聞いて、思いがけない発見があった。

1419年 朝鮮の軍船227艘17285人の大軍が対馬を攻撃・攻略した。

民家はすべて焼き払われ、114人を斬首。21人を捕虜にしたという。(朝鮮実録より)


思いもしない大事件に室町幕府は仰天。

真相究明に僧侶や博多商人を朝鮮に派遣。

その報告により、倭寇(日本の海賊)の首領・早田が対馬の実権を握ったための先制攻撃だったと判明した。

スワ!!朝鮮・明連合軍の攻撃か?と心配した幕府もホッと胸を撫で下ろしたという。


このとき活躍した博多商人に陳外郎宗奇(チン ウイロウ ソウキ)という中国系の大物がいた。

この陳さんこそが小田原の「ウイロウ」の元祖だったのだ。


ところで「小田原のウイロウ」皆さん知ってます?

子どもの頃飲まされた「救命丸」や「毒心丸」のような薬です。

食中りや風邪によく効くそうですよ。

室町時代からの歴史ある薬なんですね。

キクモモ 撮影 2015年4月
今年も庭がピンクに染まりました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウイロウ  <菊桃> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる