山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツと日本 <三葉岩傘>

<<   作成日時 : 2015/05/13 06:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

対独戦勝利70年記念の式典がモスクワで開かれた。

さすがに、パレードには参加しなかったが、ドイツのメルケル首相はモスクワを訪問。

ナチスとの戦いに倒れたロシアの兵士に哀悼の意をささげた。

70年経とうが100年経とうが、加害国の責任者として、その行為は誠実だ。


比べて、安倍首相は、果たしてどうか。

得意の未来志向で過去を葬るのが関の山ではないかと心配だ。

いつまでも過去にとらわれていたら、新しい戦争は始められない。

そんなところだ。


プーチンがナチスと日本軍国主義を並べて言及した。

日経電子版は、今までになかったことだと報じた。

わたしは、異を唱えることではないと思う。


東条もヒットラーも、日本軍国主義もナチスも同罪だ。

並べてられて当然。日本のマスコミは「安部」並みだ。

ミツバイワカサ 撮影 2015年5月
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「押し付けられた憲法」と言って護憲派を批判する週刊新潮も、押し付けられた米軍沖縄基地には一言も異議を唱えないどころか、基地に反対する翁長知事を揶揄する(週刊新潮は今日発売です)。
wonder
2015/05/13 07:15
結局、その国の首相の出来不出来は、その国の国民の意識によるね。ドイツ国民も二度の大戦を経験した。ワイマール憲法を捨ててヒトラーを選んだ。そんな苦い経験を日本人がしないで済むかどうか、瀬戸際の時を迎えたように思いますが。はてさて、どうなるか。
山野草
2015/05/13 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツと日本 <三葉岩傘> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる