山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア機撃墜  <岩タバコ>

<<   作成日時 : 2015/11/25 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なぜか、疑問を感じる撃墜事件だと思いませんか。

欧米とロシアがIS包囲網を作るのかな、と思ったのに・・・・。

パリのテロをうけ、フランスは非常事態。イギリスは軍備増強。


「アル・カイダは我々が作った」と発言するクリントンの動画を見つけました。



この動画は2012年5月。当時現役のアメリカ国務長官だったヒラリー・クリントンの発言。

以下、要訳を転載します。

今日アメリカがアル・カイダと戦っているという主張があるが、もしアメリカが本当にアル・カイダと戦っているなら、アメリカがリビアで…カダフィーの政府を倒すのに利用した、クズのようなテロリストは誰なのか。

アメリカのメディアは、「アルデル・ハキム・ベルハジ」をテロリスト或いは聖戦論者と説明している。

それは何ともおかしな偽善ではないか! 彼の脳は突然進化したのか?また、彼に聖戦論者の印を付けた理由は何か? 理由は唯一つ… アメリカが彼を必要としていたからだ。
彼ら(CIA)は彼の過去を消した。

そして、彼は突然、聖戦論者になったのだ。
数年後アメリカが彼のサービスを必要とする時、彼はまた活動的な聖戦論者になって戻ってくるだろう…

歴史を再検討して、アル・カイダ条例が米国外交政策だけに役立ったのを検証しょう… アル・カイダのテロリストは、米国政府によって効率的に使用されている多目的のファイター(戦闘員)である。


なんとも!!!

英語がわかる方は、どうぞ、クリントンの生の言葉をお聞きください。

石油メジャーの為に中東や南米の産油国に民主主義化せよと言いがかりをつけ、戦争を仕掛けては民衆を殺し、指導者を殺し、国を破壊して油田を乗っ取り石油資本に利権を渡す。

アメリカの政治家はこの資本家たちのために働いているのであって、国民の為に働いている訳ではない。

このような悪辣な国は地球上どこを探しても見当たりません。

旧ソ連も中国もこれにはとても敵いません。

アメリカの支配者は人類の癌ですね。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア機撃墜  <岩タバコ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる