山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 銃規制反対派の言い分  <ナハセキショウ>

<<   作成日時 : 2015/12/06 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカの銃規制反対派は、「アメリカなら、パリのようなテロは起きなかった」と言ったそうです。

何故か。

「アメリカなら、テロリストに銃で反撃できるから」だそうです。


その舌の根も乾かないうちにカリフォルニアで「テロ」が起きました。

どんなに、外部からのテロリストの侵入をチエックしても、身内がテロリストになったら、お手上げ。

何しろ、アメリカ人が銃や銃弾を手に入れるのは、薬局で薬を買うようなものだそうです。


いざ、パーティの会場でテロに襲われたら、銃で反撃するどころの話ではありません。

寝込みを襲われた吉良上野の屋敷同然。

完全武装の相手に寝巻き姿で太刀打ちできる訳がない。


銃で武装して身の安全を守るのと、銃を規制して身の安全を守るのと、どっちが安全か。

この馬鹿げた「問い」に、いつまでアメリカは苦しむのでしょうか。


「パリにテロリストがいるなら、パリを爆撃すればいい」

こっちは中東の市民の感情。

「IS」爆撃を盾に、どれほどのシリアやイラクの市民が巻き添えになったか。

画像




市民と武装 アメリカ合衆国における戦争と銃規制
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
小熊英二/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名慶応義塾大学出

楽天市場 by 市民と武装 アメリカ合衆国における戦争と銃規制 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銃規制反対派の言い分  <ナハセキショウ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる