山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬の飲み残し  <ユキワリソウ>

<<   作成日時 : 2016/01/12 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もう、何年になるか?ずいぶん長いこと高血圧の薬を飲んでいる。

月に一度や二度はどうしても飲み忘れる。

処方どおり飲むのが当然だが、たまに、忘れるのも致し方ない。


ちりも積もれば山となるだ。

何かの際に、飲み残しが役に立つこともあるだろう。

しかし、様々考えて、どうしても多すぎる飲み残しをどうすべきか。


日本全国では、おそらく膨大な量だ。

そこで、飲み残し薬の処分方法の制度化を検討してもらいたい。

医者が処方箋を書くとき、飲み残しの有無を確認し、その量によって減らすのはどうか。


その分、医療費の軽減にもなる。

製薬会社以外誰も損をしない。


好きで飲み残すわけではない。

それぐらいの融通が利いてもいいと思う。

有能な役人には通じない話かな。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりです。

高血圧の定義ってずいぶん人によって
違うよね。

生体が必要に応じて調整している自分自身の
自然治癒力を信ずれば良いと私は思うのですが
如何でしょうか。
安清やっさん
2016/01/12 23:02
久しぶり。たまには見ていてくれたのか。

高血圧については、僕は、現代医学を信じるよ。僕の家の母方の家系は高血圧が多い。20年も寝たっきりだった叔母がいる。
昨年急逝した兄は、150ほどの血圧を放置していた。君と同じ考えだった。急逝の原因が、何かは分からない。でも、僕は、もっと強く、下げることを兄に勧めていたらと、悔やんだ。
癌になったときも、「癌と闘うな」という説を紹介してくれた友人もいた。しかし、僕は、切除を選択した。いい医者を紹介してくれた友人の勧めを今では感謝している。
結果は死ぬときまで分からない。でも、どんな結果が出ても、自分の責任。自分で選んだことだから、悔いはない。違う選択をした死んだ兄も、悔いはないと思う。
死んだら、いずれにしろ後の祭りだ。ここまで生きたら、後はおまけだね。元気で行こう。
たまには会いたいね。伊太に温泉ができた。今度行こう。
山野草
2016/01/13 07:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬の飲み残し  <ユキワリソウ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる