山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 40年前わたしも 「保育園落ちた」のだ  <アオキ>

<<   作成日時 : 2016/03/07 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

保育園落ちた。日本死ね

このブログが朝のニュースで取上げられていました。

同感と言うか、痛快と言うか。


安倍首相は匿名を理由にこのブログを無視。

それがかえって、火に油。

ザマはない感じですね。


今を去ること40数年前の自分を思い出しました。

杉並の実家で、長男を出産。

区の「保育ママ」制度を利用してカミサンは産休明けから出社。


その当時の産休は出産後8週間。

未熟児だった息子を預かった保育ママさんは、恐くなったようです。

わずか1週間ほどで、「とてもこんな小さな子は預かれない」と保育を拒否。


当時23歳のわたしには、とても家族3人を養う所得はありません。

12歳年上のカミサンの給料の方が5割ほど多かったような状態。

途方にくれていたわたしたちを救ってくれたのは職場近くの知り合いMさんでした。


Mさんの紹介で、港区白金にあった無認可保育園に預けることに。

その日のうちに、不動産を駆け回ってアパートを見つけてました。

見つかったその夜、布団と鍋と薬缶をタクシーに積み、家族で港区に引越し。


なぜ鍋と薬缶を持って行ったか。

息子に飲ませるミルクをつくるには、哺乳瓶を消毒する鍋と、お湯を沸かす薬缶が必要でした。

それと、オシメ。あの頃は紙おむつなんてしゃれたものもなく。


翌日、約1月ぶりに会社に出社。

有給休暇を使い果たしたところでした。

共働きを前提に結婚出産した夫婦にとって「保育園を落ちる」ことは、家計の破綻を意味します。


40年以上前からずっと続く保育行政の貧困。

匿名を理由に、母親の切実な声を無視する首相の姿勢をわたしは許せません。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
40年前わたしも 「保育園落ちた」のだ  <アオキ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる