山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 川柳入門  <アメリカンブルー>

<<   作成日時 : 2016/08/26 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江戸川柳を観賞しながら川柳のツボがつかめる。

そんなうたい文句の本を買いました。

面白い本でした。


役人の子はにぎにぎを・・・

はえばたて・・・・

孝行のしたい時分は・・・・

盗人を捕らえてみれば・・・・

下手将棋王より・・・・・


こんな名言・格言がなんと、江戸時代の川柳でした。

読んでいくと、噴出しそうな面白い句。


加賀千代女の「朝顔につるべとられてもらい水」をからかって

千代の下女いや面倒とひっちぎり


石川五右衛門の「石川や浜の真砂は尽くるとも世に盗人の種は尽くまじ」に対して

五右衛門は生煮えの時一首よみ

とてもまねの出来ない世界です。


わたしはやっぱり、俳句より川柳が面白く感じます。

古池やかわず飛び込む水の音  の良し悪しは分かりません。しかし

芭蕉翁ポチャンというと立ち止まり  は傑作と分かります。


皆さんどうですか?川柳に挑戦してみましょう。


今日は、

念のため湯屋で仲人見合いさせ

混浴時代の江戸の銭湯を舞台の川柳に刺激されて1句。

お見合いはすたれ流行りは先ず作り

お粗末。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川柳入門  <アメリカンブルー> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる