山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS オプジーボ  <サザンカ>

<<   作成日時 : 2016/10/16 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京新聞15日付朝刊の7面に「オプジーボ」のことが載っていた。

1錠約70万。年間薬代3500万円の「亡国の薬」だ。

昨年12月に肺ガン患者にも保険適用されることになった。


医療費支払限度額制度が適用されれば、低所得なら月2.3万円で利用できる。

その結果、利用者は当初予想の470人から1万5000人に急増した。

当然のことだ。何しろ末期がんの3割が救われる夢の特効薬。


わたしも、特効薬「イレッサ」のあとは「オプジーボ」をと願っている。

しかし、利用者急増で、保険財政が悪化。

「亡国の薬」と言われる所以だ。


しかし、日本の薬価はべらぼうに高い。

オプジーボもアメリカの5倍。ヨーロッパの10倍もする。

日本の薬価は、密室で決められる。


厚生労働省の役人の天下り先は医療関係が多い。

高い薬価の陰に官財の癒着があるのは歴然。

東京都が、豊洲の汚染された東京ガスの跡地を購入してたのと同じだ。


土地購入を取り仕切った都の高官が東京ガスに天下っている。

病気にも薬にも罪はない。憎むべきは日本の政官財癒着体質といえる。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オプジーボ  <サザンカ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる