アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


空 <キッチョウソウ>

2017/07/31 15:39
辞任した稲田さんが心境を聞かれ「空」と答えた。

その顔は満願笑み。

皆さん、これ、どう見ました。


たぶん重責を果たして「ホッとした」ってところでしょう。

日報の隠蔽は、官邸、たぶん首相直々の指示。

なぜって?当然です。


「戦闘」などと書かれた日報が出て1番困るんのは首相だからです。

「出したらアカーン、出したらアカン!!」そう安倍さんが。

それっとばかりに、政府、防衛庁、陸幕は隠しに走った。


その、隠蔽の泥を一身に被って最後まで首相を守り通したのが稲田。

いわば、己を省みず、「あなたのために守り通した隠蔽工作」なのだ。

その「涙の操」風満足感が、あの笑顔・・・・・。


しかし、その結果、自衛隊員たちは、遠く南スーダンで命の危機にさらされたわけ。

どこの世界にも,ヒラメみたいに、上しか見ない人はいるものです。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


めだかの繁殖  <タマスダレ>

2017/07/30 11:01
今年は大成功だ。

昨年は、夏に一度水質悪化で大量死を招いた。

今年は、週に1度の水換えで、これまでは無難に来ている。


このまま行けば、クロメダカ数十匹、ヒメダカもそれ近く育ちそうだ。

しかし、問題はもう一つある。

それはトンボ。


きのうも目の前でオニヤンマがお尻で何十回も池にツンツン。

大量の卵を産卵していた。

だから、大量のヤゴが育つのは間違いない。


クチボソがヤゴの赤ちゃんを捕食してくれないかと期待している。

このままでは、冬の間にほとんどのメダカがヤゴの餌食だ。

ヤゴをすべて殺すのも忍びない。


共存の道を探すことにする。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


義兄  <ツワブキ>

2017/07/29 09:42
妻の兄が肺炎に。

レントゲン写真では、肺は真っ白だったそうだ。

指の先の酸素濃度も60%台。


わたしが肺ガンの摘出手術をしたときは、術後の測定でも95%。

80歳の年齢を考えても危篤状態だ。

ここ数日が峠。


面会に行った妻の話では、呼びかけに微かに指で握り返してくれたそうだ。

妻は4人兄弟。わたしは6人兄弟。

みな配偶者がいるから都合18人の兄弟姉妹になる。


兄が死ぬと決まったわけではないが・・・・・・

1人また1人とお別れする、そんな時代を迎えたようだ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


補聴器  <ヒダカミセバヤ>

2017/07/28 16:02
高性能の補聴器は高額です。

カミさんの補聴器はたぶん40万円ほど。

寿命は数年。


耳の中に入れているため、湿気で基盤が痛む。

2年ほどで基盤が痛み、修理に5万円。

今日は横浜まで修理の終わった補聴器の受け取りに行ってきた。


補聴器をなぜ健康保険の適用にしないのか不思議だ。

医療控除の対象にもならない。

耳の悪い人はますます増えるだろう。


数年で数十万では車並み。

経済的にまともな補聴器を使えない方も多いと思う。

誰でも高性能な補聴器が使えるようにして欲しい。


聴覚障害児を持つ今井参議院議員のような方の奮闘を期待していたが。

「一線を越えるか越えないか」

そっちの方が忙しくて、期待したのが・・・・アホくさァ。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いろいろありますね  <ヤツデ>

2017/07/27 20:51
政界がゴタゴタの真っ最中に、民進党の蓮舫代表が辞任。

蓮舫代表がどんな方か、詳しは知りませんが、この辞任は民進党の体質。

民進党の1番悪いところは、仲間内の足の引っ張り合い。


それも結局、民進党が寄せ集めで、あまりにもバラバラだからでしょう。

結局、分裂、分解、再編になるでしょうね。

この党は、もう少ししっかりした核を作らないとダメでしょう。


籠池氏の事情聴取もありました。

わたしが、「耐震工事」で市の補助金をもらおうとした時のことを思い出します。

3ヶ月も審査に時間がかかり、工事がストップして大変だから、補助金申請はやめてくれと業者に泣きつかれました。


僅かな補助金でも、審査は厳格。

それが、「森友」は国や県から5000万を越える補助を。

しかも、大した審査もなかったようですね。


背景に、安倍首相夫妻の「ご意向」があったから。

森友への補助金を許可した担当役人のザル審査も罰せられるべきでしょう。


元スピードの今井議員の「スピード不倫」も笑っちゃいますね。

議員になって最初の業績が「不倫」。

「ホテルに泊まって原稿書いていた」とか言い訳したそうで。


韓国にこの前まであった「姦通罪」は男女が下半身を露出して接触していないと成立しないそうです。

今井議員の「一線」とはそういうことかな?

その証明はなかなか難しいでしょう。


稲田大臣も辞職。

ハイヒール履いて南スーダンに行った時点でこの方終わってましたね。

防衛大臣にしたこと自体が間違いだったと思います。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


奇妙な答弁  <シュウカイドウ>

2017/07/26 13:52
「構造改革特区」では14回も申請していたのを知っていたのに、・・・

「国家戦略特区」では、決定するまで知らなかった。


新たな学部への「挑戦」の話は加計氏と常々したが・・・・

「獣医学部新設」の話は一度もしていない。


この安倍首相の奇妙な答弁は、知っていたらまずいことがあるからだ。

加計氏が申請していることを承知で、加計氏と飲み食いしたら、「大臣規範」に触れる。

まして、ご馳走してもらったら供応接待だ。


公務員の倫理規定は次の通り

【参考事例】
(供応接待等)
@ 団体の役職員から飲食の供応接待を受けた事案(H20)

内閣府の地方支分部局の職員が(行為時は、国土交通省の地方支分部局に勤務)
契約の相手方として利害関係者である団体の役職員から、飲食の供応接待(10,672円)を受けたもの。
→戒告


と言うわけで安倍は、1月20日決定するまで知らぬ存ぜぬで行くことにした。

首相が「丁寧にお答え」できないのは、そんなことしたら、お縄頂戴になるから。


今日の1句

李の実の下で飲み食いクラブ振り


画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


李下に冠を正さず

2017/07/25 06:35
安倍首相が「李下に冠を正さず」と言ったそうだ。

だったらなぜ加計理事長と会ったのか。

方や申請者であり、方やそれを決定する責任者(特区諮問会議議長)だ。


疑われて当然だろう。



「李下に冠を正さず」とは疑われるようなことをするなと言う意味。

さんざん疑わしいことをしておいて、この言葉はない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平気で嘘をつく  <ヒガンバナ>

2017/07/24 17:25
以下は2016年1年間の首相と加計理事長の交友記録。

2016年3月18日 午後6時36分、東京・赤坂の日本料理店S。A氏、加計氏と食事。

2016年7月21日 午後6時25分、山梨県富士河口湖町の焼き肉店T。B氏、加計氏と食事。

2016年7月22日 午前7時19分、山梨県山中湖村のゴルフ場Fゴルフコース。B氏、加計氏らとゴルフ。

2016年8月10日 午後6時21分、山梨県富士河口湖町の居酒屋R。加計氏、秘書官らと食事。

2016年8月11日 午前6時42分、山梨県山中湖村のゴルフ場Fゴルフコース。A氏、加計氏らとゴルフ。

2016年10月2日 午後6時、東京・宇田川町の焼き肉店Y。A氏、C氏、加計氏らと食事。昭恵夫人同席。

2016年12月24日 午後6時2分、東京・丸の内の鉄鋼ビルディング。同館内のエグゼクティブラウンジでA氏、加計氏、昭恵夫人らと食事。


年7回は半端な数じゃない。

わたしのような暇人でも、特定の人とこれほど度々会うのは稀。

忙しい首相がよく会ったですネエ。


しかも、こんなに会って、おしゃべりして、酒飲んで「獣医学科新設」の話が一度も出なかった。

首相は「2017年1月20日にはじめて加計学園の獣医学部新設の話を知った」と答弁!!!!

こんなことを、俄かには信じられますか。


国民の大部分が嘘だろうって感じたでしょう。

首相と防衛大臣は似てますね。

この二人は平気で嘘をつくタイプのようです。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


「病院が減れば健康になる」 <ダイモンジソウ>

2017/07/23 11:21
朝食前に草取りをした。

約3時間。

ゴミ袋4杯分の雑草を取った。


曇り空、完全武装で蚊にも刺されなかったが、腰が曲がった。

それでも、草を取った後の庭は、気持ちがいい。

「来週もう一度やれば綺麗になるね」とカミさんのお言葉に、ため息が出た。


昨夜、NHKが「AI」の特集をしていた。

「病院が減れば健康になる」とAIが解答したそうだ。

こんな解答にどんな意味があるのかと思う。


ところが番組は、夕張を取材し、この解答に意味があるかのように解説していた。

病院がなくなれば、入院を必要とする人たちは別の町に逃げ出す。

結果、夕張には健康な人が増えたくらい容易に推測できる。


病人を他の市町村に押し付け、健康でなければ住めない町を推奨する変な番組だ。

「病院が減れば健康になる」と言う解答の因果関係を証明しなければ科学とはいえない。

「お地蔵さんを拝んだら病気が治った」レベルの話になる。


「AI]信仰もここまで来るとバカバカしい。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


命の値段  <ツルボ>

2017/07/22 15:12
ここ5年間で2回の肺摘出手術を受けた。

合計200万円を超える医療費がかかった。

おかげで、術後5年、まだ元気に暮らしている。


あの2回の手術がなかったら、今はどうなっていたんだろうか?

死んでいたのか、ベット暮らしか、意外と元気だったりして・・・・。

仮に、手術をしないで死んでいたら、手術のおかげで5年の命を得た。


この先どうなるか分からないが、5年で200万。

1年40万円を、高いと見るか安いと見るか・・・・。

そんなことを最近考える。


医療費が掛かり過ぎだという。

僅かな延命のための高額の医療費に批判がある。

みなさん、いくらぐらいうならOKですか?


他人の命と自分の命では違いますけどね。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


癌友  <キク>

2017/07/21 18:13
ダンスの練習場で久しぶりに癌友に会った。

彼はすい臓がん。

そこに、もう1人新しい癌仲間が加わった。


今度は卵巣がん。

摘出手術をして2ヶ月。

いま、抗がん剤治療中。


癌「新米」の彼女は不満そうだった。

まだ若いし、何でわたしが・・・・、と言う思いは、良くわかる。

「そのうち慣れるよ」と言ったら、信じられないと言う顔をしていた。


しばらく4人で「癌談義」をしたあと、お互い、踊り始めた。

踊っているときは癌なんか忘れる。

そのうち、すっかり忘れる。


先日、健康診断でいつ手術したのか聞かれて、答えられなかった。

「えええー、今年の春かな?去年だったかな?」

いい加減なものですね。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏休み  <ザクロ>

2017/07/20 21:11
横浜市内の子どもは、明日から夏休み。

今日は、お迎えと夕食作りに狩り出された。

この暑さにも、小中学生は元気ですね。


末っ子のリョウキ君が意外と頑張っている。

テストは大体満点。

そのリョウキクンに夏休みの過ごし方を聞いたら・・・・・・・・。


「99を覚えないと・・・・、おじいちゃん、おれ、忙しいんだ」そうです。

中学生の孫を塾まで送ってやった。

「がんばれよ」と声を掛けると・・・・。


「おじいちゃん、体に気をつけてね」だって。

ありがたくって、涙が出そうになった。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


横浜市長選  <キリンソウ>

2017/07/19 07:35
少し前のことになるが・・・・・。

行きつけの床屋さんで散髪中のこと。

床屋の娘さんが、「あたし、一度だけ選挙したことがある」という。


「ヘエー」と思って聞いていると、

「中学校の給食をやるってその候補が言うからね、投票したの」だって。

「あの時だけは、みんなに頼んだわよ」


今年の横浜市長選も「中学校給食」が焦点だ。

「カジノはいらない。中学校に給食を」

分かりやすい選挙。


カジノ反対派が2人立ったのが痛いけど。

そろそろ、横浜にも中学校給食が出来ていいでしょう。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕立かな?

2017/07/18 14:17
横浜にも待望の雨が降るかな?

と、外を見ているが、なかなかまとまった雨は降ってこない。

「焼石に水」程度で終わりか。


「明けの烏と謡われしことは 今遥か昔の夢」

「ラシャメンの歌」の一節。

「明けの烏」の意味が分からないので調べていたら、談志の落語に出くわした。


久しぶりに談志の落語を聞いた。

談志は本当に上手いですね。





お吉は、新内節「明烏夢 泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」の名手だったそうです。

明烏は明け方に鳴くカラス。また、その声。

男女の交情の夢を破る、つれないものの例として用いられていたそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラシャメンのうた

2017/07/17 16:43
サザンのCDに「ラシャメンのうた」がある。

歌詞が聞き取りにくく気がつかなかったが、「唐人お吉」の歌だ。

とっても良い曲です。

画像



この間の旅でお吉を知ってから、ますます良い歌だと思います。

歌詞を紹介します。

桑田の詩がいいですね。


よかったら曲も聞いてください。


唐人物語(ラシャメンのうた)

作詞作曲 桑田圭介

名もないこの街に
異国の陽がのぼる
乙女は悲しみも
御国のためと知る

春はまだ夜は長く
鐘鳴る了仙寺
運命(さだめ)と泣くも良し
儚き世の情け

下田港を訪れた黒船(ふね)が
沖遥か彼方に揺れ
駕篭で行くのは時代に翻弄(ときにあそ)ばれた
眉目清(さや)か麗しい女性(ひと)

桜見頃の唐人坂で
巡る想いはひとりひとり
泣けば花散る一輪挿しの
艶(あで)な姿は春の宵

月冴え照る道に
椿の濡れまつ毛
世を捨て世に追われ
旅立つ稲生沢(いのおざわ)

明けの烏と謡われしことは
今遥か昔の夢
死ぬは易くて生きるは難しと
三味の音に託せし女性(ひと)

石や礫でラシャメン結いに
後ろ指さすひとりひとり
恋の涙と雨降る中を
己が愛した男性は去く

桜見頃の唐人坂で
巡る想いはひとりひとり
泣けば花散る一輪挿しの
艶(あで)な姿は春の宵
春の宵
桜舞う

歌も紹介したいですが、著作権法に触れます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浴衣 <サンパラソル>

2017/07/16 07:48
息子に呼び出され、孫の盆踊り会に行ってきた。

カメラを忘れて、可愛い孫の姿を紹介できないが・・・・・。

わたしの関心は、もっぱらママさんたちの浴衣姿。


相撲取りが間違って女の浴衣を着て来たのか、と思うようなのもあったが。

なんとも美しい女性達の浴衣姿だった。

会場で、いきなり、そんな素敵な浴衣の女性から声を掛けられた。


「乱れ髪」など、鼻歌交じりに歌っていると・・・・、

「いつも仲良くしていただいて」

その方の娘が我が家の孫と同級生だった。


と、孫のおかげで楽しい出会いもありました。


8月に、嫁の両親が来日する。

20日ほど滞在するという。

息子たちは共働きだ。


その間、誰が先方の相手をするのか、心配していたが・・・・・。

息子達も、言葉の通じない我々に預けるわけには行かないと分かっていたようだ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サンパラソル

2017/07/14 17:26
西側の窓にサンパラソルのカーテンを作った。

良く咲いて、今朝、散歩していた見知らぬ奥さんに誉められた。

珍しいこともあると思った。


花が咲いたのは嬉しいが、蚊が多くてたまらない。

虫除けスプレーをしてから外に出るが、顔には出来ない。

そのせいか、蚊が顔をめがけて襲ってくる。


きょうは、背中を刺された。

背中にもスプレーは無理。

まったく困ったものだと思う。


北九州の流木被害を見て、今に始まったことではないと思う。

子どもの頃あった狩野川台風も流木が橋の欄干に引っ掛かって氾濫した。

対策はないものかと疑問に思う。


橋の脚部に昇降機でもつけて、大雨が降ったら橋を持ち上げるのとか・・・・。

何か考えないと同じ被害が繰り返されるだろう。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


殿様ガエル  <ショウマ>

2017/07/13 20:40
ここ2.3日鳴き声の聞こえなかった殿様ガエルが、また鳴き出した。

カラスか青大将の餌食にでもなったかと心配していたが、無事だった。

カエル鳴きホッと安堵の草の庭


蚊は多いけど我が家の庭は楽しい庭だ。

コンクリートで固めたら、こんな楽しみは味わえない。

今は、ミソハギが満開だ。


首相が国会に出ることになった。

丁寧にあの手この手と逃げる安倍

今週の投句。


安倍が国会に出てもこの川柳は、的外れにはならないだろう。

なぜ加計なのか、そこを説明をすることが出来なければ、お友達優先の謗りは免れない。

しかし、現実は「加計ありき」だから、「逃げに一手」しかないのだ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クチボソとエビ  <マツモトセンノウ>

2017/07/12 08:07
クチボソとエビは共存できるか?

大きな問題があることが分かった。

それは、エビの脱皮だ。


脱皮したエビがその一時期、如何に身を守るか。

その解決手段として穴の開いた鉢を底に沈めた。

エビは侵入でき、クチボソにはやや入りにくいのではないか。


上手くエビの隠れ家になってくれると嬉しい。


先日、マンションの管理仲間と一杯やった。

その中に、クロメダカを飼育し、スミレの栽培を趣味にしている方を発見。

同好の士はどこにでもいるものだと思った。


おかげで話が弾み、久しぶりに泥酔。

翌朝、飲み代を支払った覚えがないのでリーダーに電話した。

ところが、「わたしも覚えていない」という。


ならば、駅まで送ってきてくれた同僚に、と電話すると・・・・。

「僕も今朝、リーダーに電話した」という。

さては、元リーダーの方かと電話。


ようやく、一次会の残金で済んだことが分かった。

年取ったら、飲みすぎはいけませんね。フー

それにしても、どこをどう帰宅したのか、サラリーマンの帰趨本能は偉大だ。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


麦藁帽子と火の玉  <ノボタン>

2017/07/11 20:09
今日は3ヶ月に一度のガンの検査。

「まったく問題ない」と医師に言われた。

部分切除した肺は、また一回り大きくなっていた。


あまりの暑さに麦藁帽子を買った。

日傘でも差しているほど涼しい。

しかも、帽子の中を風が吹き抜ける。


予想以上に快適です。


埼玉で撮影された火の玉が評判。

動画を見て、子どもの頃見た「火の玉」を思い出した。

わたしは、2度「火の玉」を見たことがある。


一度目は、村の盆踊りが終わって風呂に入っているときだ。

「火の玉だよ」と言う姉の言葉に風呂から飛び出してみると火の玉がゆっくり横に動いていた。

家から西の方にある慶福寺の墓地から小学校のそばの竹やぶに消えた。


二度目は東の空から西の方に向かって空高く移動して行った。

最初の火の玉は大きな楕円形だったが、二度目は尻尾が生えていた。

火の玉は発光虫だと言うが、その通りだと思った。


昨夜の埼玉の火の玉はLEDをたくさんつけたテストダイビングだったそうだ。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本の家電メーカー  <ユリ>

2017/07/10 19:40
日本の家電メーカーは、遅からず滅びると思う。

大きくなると、どうしてこうもダメになるのかと感心する。

「大男総身に知恵がまわりかね」と言う言葉通りだ。


今回は東芝製の冷蔵庫のチルド室の蓋が壊れて思い知った。

別売で購入できると「トリ説」に書いてありながら、アチコチたらい回しされた。

前回はパナソニック、その前は富士通の掃除機。


どんなことでも対応してくれる窓口がないのだ。

長い時間待たされてようやくつながった挙句、担当が違いますと来る。

そのくせ、「トリ説」には担当窓口がどこなのか明記されていない。


今時、こんな企業が大手を振って存在していること自体が不思議だと思った。

自社の製品の部品の注文を受け付けられないほど、担当者は間抜けなのかと思う。

そのくせ、「電話は録音します」などと仰々しい。


担当の若造に文句を言ったが、謝るだけ。

「謝るなら、文章で謝れ」と注文をつけたら、「電話での問い合わせに文章は出せない」という。

「じゃあ、文章で問い合わせる」と言ったら、「わたしの一存では」だって。


政治家は権威を振り回し、官僚は忖度忖度、大企業はふんぞり返って・・・・

日本もそろそろ三流国かな。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猛暑  <ポピー>

2017/07/09 11:38
どこが悪いのか、ブログを更新できなかった。

ようやく復調。

今日は「猛暑日」かな?と思えるような暑さ。


朝から、冬の花の準備。

実生で生えたサクラソウの植え替え。

冬の花を楽しむためには欠かせないのだ。


池を見ていたら、メダカとは明らかに動きの違う稚魚が。

クチボソが孵化した模様。

まだ1匹しか発見しいていないが、嬉しい驚きだ。


孫と釣ってきたえびも1匹健在だ。

不思議なことに、雨水が溜まったバケツの中にいた。

どこでどうやってバケツに入ったのか、不思議です。


都議選の結果をどう見るか。

論議がいろいろされている。

見逃しされがちなのが、公明党の役割。


公明党の票がなかったらどうなるか。

自民党は思い知らされた。

国政では自民。都政では都民ファースト。大阪では維新。


およそ「公明正大」とは無縁。

いつでも与党の公明党の奇妙な存在もあぶり出たと思う。

画像




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


豪雨  <ストック>

2017/07/07 05:30
九州地方の豪雨には驚いた。

わたしの故郷もほぼ10年に一度の周期で川が氾濫した。

18まで故郷に暮らし、2度氾濫を体験した。


山津波で隣の家が倒壊した。

それを苦に奥さんが入水自殺をした。

少年時代の、それはそれは恐ろしい思い出。


下にあった家は浸水し、山に建っていた家は山水に襲われた。

我が家だけは何の被害も被らなかった。

今思えば、奇跡のような出来事だった。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤマモモ  <ハンカチノ木>

2017/07/05 17:07
公園のヤマモモの実が熟れて落ちている。

ジャムにも出来るとネットにあった。

来年は挑戦してみようかと思う。


自民党の二階幹事長が北を「きちがい」と言って批判されていた。

政治家が言ってはまずいだろうが、わたしも、その口だ。

政治家なんかにならないでよかった。

画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蒸し風呂  <ギボウシ>

2017/07/04 14:00
昨夜は、蒸し風呂。

気がつくと、扇風機が止まっていて、汗まみれ。

一年で1番寝苦しい季節ですね。


俳句の季語に「溽暑(じょくしょ)」とあるそうで・・・・。


今日の1句

暑気払う大敗自民の大見出し

安倍コケて首都に涼風吹き渡り

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


安倍の逆ギレ!!<エビソウ>

2017/07/03 15:23
安倍首相の秋葉原での都議選応援演説に「安倍辞めろ」の大コール。

ヤジを飛ばしたくなる気持は良くわかりますね。

「丁寧に説明する」とか、「反省してます」とか、口ばっかり。


「説明責任」をいいながら、説明しないし・・・・。

稲田も辞めさせない。

加計から金もらった下村もそのまま。


自分だって、国会で野次っているのに、ヤジに応酬。

挙句に、「こんな人たち」と罵倒。

その結果の「辞めろ」コールでしょう。


菅も相変わらず木で鼻をくくった発言ばっかし。

学習効果のない最高首脳だ。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月 <シュウカイドウ>

2017/07/01 20:01
ヤマモモの実が熟れて、7月。

ヤマモモを知らない人が多いですね。

北国にはない果物。


四国高知は八百屋で売っているそうです。

わたしの故郷静岡では、いいヤマモモが採れます。

静岡からヤマモモの木を持ってきました。


近所の公園に植えてもう、数年経ちます。

でも、実がなるのは数十年後かな。

横浜のヤマモモは実が小さくて美味しくありません。


果実酒にはいいかも知れません。

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

山野草の独り言 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる