アクセスカウンタ

<<  2018年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


冬の足音

2018/10/31 17:09
そろそろ冬の足音が聞こえてきそうな・・・・。

あの夏の猛暑が昨日のことのように思えますが・・・。

なんとも時間の過ぎるのが早い。早すぎます。


孫の家の掃除に行ったら、コタツの中からパジャマが2組も出てきました。

どうも、コタツの中で着替ええているようです。

じいちゃんばあちゃんはまだコタツなど出してもいないのに。


寒がりな孫です。


きょう、花芽を一つ発見。

10年近く育てて、はじめて花芽がつきました。

ノダケの花です。


ご存知ですか。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハロウィンの馬鹿騒ぎ

2018/10/30 20:35
渋谷のハロウィンの騒ぎが繰り返しテレビで流れます。

日頃のストレスが貯まっているのか・・・。

なんとも幼稚。


それにしても、日本は平和です。

死者でも出て、それを仮想と間違えて・・・・。

なんてことになったら、笑ってられませんけどね。


マスコミが騒ぎ立ててここまでにしたハロウィンです。

その結果もマスコミの煽った責任だと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


仁徳天皇陵

2018/10/29 05:15
仁徳天皇陵を宮内庁と地元の堺市が共同で発掘調査することになったそうです。

「仁徳天皇陵」と云ってもお墓の中ではなく堤の調査。

それでも、こうした発掘調査ははじめて。


何か貴重な発見があることを期待しています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NHK 朝ドラ「まんぷく」

2018/10/27 08:21
NHKの朝ドラ「まんぷく」が面白い。

「万引き家族」の安藤さくらが上手い。

久しぶりに筋を追うだけでなく、毎日みたいと思います。


松坂慶子さんも面白いですね。

若い頃の、あの美貌から、最近の小太りな奥さん役まで。

お父さんは韓国人。歳相応に演技する松坂さんが好きです。


ここ何回か、赤紙の登場がなかったのに、ふたたび登場。

いつまでも、朝ドラは戦争の悲惨さを描き続けてほしいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コットン亭

2018/10/26 16:57
きのうは視覚障害者の同行援護で新横浜コットン亭に行ってきました。

目的は落語鑑賞。

桂やまとの落語がなかなかのもので、笑えました。


酒の上での刃傷沙汰に激怒したお殿様が飲酒を禁止したから、さあ大変。

殿様の命令に従わない酒飲みに業を煮やした重役が、番所を作って酒の持込を見張る。

カステラの箱に入れたり、油と偽ったり、あの手この手も見破られ、酒は番所の役人の腹の中。


頭に来た酒屋の手代が、一升徳利に小便を入れて、盆栽の肥やしと持ち込む。

どうせ酒だろうと番屋の役人が、その小便入りの徳利を没収。

枡に注いで一気飲み。


その見事な語りと仕草、枡をグウッとあおった瞬間、場内の女性数名が「キャー」。

「燗酒か、泡が浮いて邪魔だなあ」とか何とかいいながら小便を口に運ぶ迫真の演技。

まさか、悲鳴まで上がるとは思いませんでしたが、楽しい落語の一席でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


酷すぎるサウジアラビア

2018/10/25 14:15
慶応に続いて、今度はミスター東大ファイナリストが暴行容疑で起訴。

医学部生の集団強姦事件もありました。

それなりに優秀な頭脳を持ちながら、学生の若さで一生を棒に振るとは・・・。


哀れな人生ですね。


ジャーナリスト殺害事件で、サウジという国がクローズアップされています。

サウジの刑罰は日本で言えば聖徳太子の時代並みとか。

身分差別といい、女性蔑視といい、前近代的といったレベルではありません。


石油がたくさん採れるからと、どこの国も手出し出来ないようです。

唯一、ドイツは武器の輸出を禁止しました。

世界で一番民主的な国はドイツかもしれませんね。


さて、日本はどんな対応をするか・・。

石油の前に何も出来ないのでしょう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オッサンの政治

2018/10/24 08:59
またまた周防大島がニュースになりました

今度は船が橋に当たって、水道管を切断。

全島がほぼ断水。


滅多に登場したこともない島がこうも立て続けに全国的なニュースに登場するとは。


先日、那覇市長選で女性の現職市長が再選されました。

大勢の人が当選万歳する写真を見てください。
画像

たまたまだったのか・・・。

これだけ大勢並んでいるのに、前列にいる女性は当選した城間さんただ一人。

あとはすべてオッサンたち。

オッサン優位の政治には保守も革新もないのかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


故意ではなかった

2018/10/23 16:56
障害者雇用水増し問題。

元検事や弁護士からなる「第三者検証委員会」の報告が出ました。

中央省庁の3700人水増しは「故意ではなかった」と報告しました。


「故意」とは何か・・・・。

辞書で調べてみました。


わざとすること。

私法上、自分の行為から一定の結果が生じることを認容しながら行為に出る心情。

刑法上は、罪となる事実を認識し、かつ結果の発生を意図または認容している場合をいう。



死人まで数に入れたり・・・・。

退職してもそのままにしていたり・・・。

障害者が勤務することの出来ない職種でも障害者がいたことにしたり・・・。


おまけに3700もの水増しという不正があったら、立派な「故意」。

これが「故意」でなかったら、この世から「故意」はなくなります。


第三者検証委員会に障害者が一人もいなかったそうです。

政府のデタラメにはほとほと感心しますね。

普通の国民なら皆そう思っているでしょう。


こういうデタラメを許しておくと、危険な気がします。

皆さんそう思いませんか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


KYB

2018/10/22 05:13
「KYB」が旧「カヤバ工業」と知って昔の友だちを思い出しました。

むかし、観劇サークルに入っていた頃、よく一緒に芝居を見た友人がカヤバの社員。

職場が東京港区の芝にあったころはカヤバも近くにあったので昼休みにでも会えました。


職場が新橋に移転してからは、なかなか会えなくなり、そのままに。

そのEさんは「労山」の会員でもあり、誘ってもらって尾瀬に行ったことがあります。

そのとき、観劇サークルの友だちも誘いました。


その友だちの一人が、尾瀬に行くというのにハイヒールにミニスカート姿で来たので仰天したことがあります。

尾瀬にはまだ雪が残っていて、それはもう、大変なことに。

今思うと、彼女は私に誘われたことを、デートの誘いと勘違いしたのでしょう。


今度のKYBの免震データ改ざんのニュースを聞きながら、遠い青春の思い出に浸りました。

Eさん元気かなあ・・・・。

もう名前も忘れた信用金庫のミニのよく似合った娘もさんも、もうおばあさんかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


快適

2018/10/21 05:49
気温が20度から25度が一番快適だそうです。

今日は5月以来の全国一斉の快晴。

昨夜は雨が降って、空気も野原もしっとり。


気温といい、湿度といい、天気といい、最高の休日ですね。

カミさんは、何十年ぶりかで元の職場の友人達とミナト未来で会う予定。

楽しい時間が過ごせることでしょう。


どこかにのんびり行くのもいいかな。

あてもなく・・・
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


サウジアラビア「ジャーナリスト殺害疑惑」

2018/10/19 16:05
空恐ろしいというか、うす気味悪いというか・・・・。

生きたまま手を切ったとか、首を切ったとか、嫌な事件です。

「殺害」は疑惑どころの話ではなく、犯人までほぼ特定されている様子。


ムハンマド皇太子の指示だとしたら、許されません。

大国の指導者にあるまじき行為。

断罪されて当然です。


アメリカの出方が注目されますね。

黙認などしたら、アメリカ民主主義は地に堕ちます。

もう一つ心配なことが、サウジの態度。


開き直って、石油で報復にでも出たら、石油暴騰。

それも困ります。

こんな資源大国が、王様の専制支配下にあること自体が異常。


この際、サウジ民主化で・・・。

と行きたいところですが、それもまた大混乱にでもなったら。

困ったもんですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


喫煙可の悲劇

2018/10/18 20:28
最近、禁煙店舗が増えてきました。

煙の苦手な者は当然禁煙を選びます。

反対に、愛煙家は喫煙可のお店を・・・。


その結果、当然のことに、喫煙できる店には愛煙家が集まり・・・。

喫煙可の店の中は煙がもうもうとして、嫌煙家にはとても近寄れないことに。

そこで、店の経営者は考えます。


世の中、嫌煙家の方がずっと多いから、禁煙の方が客が多くなるはず。

そこで、お店を禁煙に変えることに。

喫煙できる店は次第に減り、愛煙家しか寄り付かなくなり・・・・。


大きな店は法律で禁煙が義務付けられ、喫煙が出来るのは小さな店だけ。

悲劇は、喫煙が出来る店舗の従業員だ。

店が狭い上に、喫煙家がどっと押し寄せ、一日中タバコの煙の中。


一部の経営者は、喫煙家の利益をとか何とか言っていますが・・・・。

すべての店舗が禁煙になれば何の問題もありません。

飲食店でタバコを吸うなど、もう許されない時代になりました。


早く禁煙にしないと、恐ろしい悲劇が待っていますよ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


レジのないコンビニ

2018/10/17 16:58
ニュースでレジのないコンビニの実証実験を紹介していた。

至る所にカメラが設置されていて万引きなど不可能。

カメラは人工知能(AI)と繋がって、たちどころに売り上げを計算。


電子マネーのカードをタッチしないと出口のドアが開かないから買い逃げは出来ない。

2020年には3000店舗設置予定とか。

人間が大型自動販売機の中を歩き、買い物が終ると転がり出るような感じ。


女子バレーの「チャレンジ」を見ていると、人間の判定は微妙なところはことごとく間違っていた。

「チャレンジ」などやめて、はじめからAIに任せれば試合はもっとスムーズに行く。

ナーンて考えていたが、いきなり、身近な問題になってきた。


当然、レジの店員は失職するだろう。

無人自動車の次は無人スーパー。

思えば昔はバスにも運転手と車掌がいた。


美人ガイドのいるバスが懐かしい。

それが、ワンマンカーとなり、明日は無人バス化か。


囲碁将棋だけではない。

レントゲンの画像診断も、天気予報もAIの方が早くて正確らしい。

今日はイギリスの議会でソフトバンクのAIロボットが発言していた。


政治家もロボットの時代・・・・、安倍よりマシかもしれないですね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


津波と防潮堤

2018/10/16 05:10
津波の被害は防潮堤が高いほど防げると思います。

しかし、この当たり前のことが現実には間違っているといいます。

大槌町の記録では、防潮堤の出来る前の方がはるかに津波の犠牲者が少ないのです。


理由は2つ。

一つは高い防潮堤があるため津波の来たことが分からない。

もう一つが、防潮堤があるからと安心して逃げない。


そんなバカな、と思いましたが話を聞いてなるほどと思いました。

大槌町の防災マニアルでは、地震があったら海抜40メートルにある町の体育館に災害対策本部を設置することに。

その体育館までは車なら2.3分。


歩いてもいける距離です。

多くのお年寄りが歩いて逃げ延びたお墓の上にあります。

しかし、あの日、町は町役場1階に本部を設置。


結果、町長以下幹部20名が犠牲に。

海岸に立派な防潮堤がなかったら、きっと、海岸から目と鼻の役場で会議を開くはずがありません。

教育委員長は体育館に居たのに、わざわざ下まで降りて防災会議に参加。


九死に一生を得たそうです。

そんなわけで、地元民は、防潮堤の嵩上げに反対したそうですが・・・・。

結局さらに立派な防潮堤が作ってありました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


兄弟旅行

2018/10/15 05:35
兄と2人の姉、カミさんを含め3人の嫁。

総勢7人で岩手を旅した。

紅葉には早かったが、見事な黄金色の田園が迎えてくれた。


最初の訪問地花巻は宮沢賢治の故郷。

ファンタスチックな童話の世界を演出したミュージアムが楽しかった。

花巻温泉は混浴露天風呂。


東北の色白の美女との遭遇を期待して行ったが・・・。

翌日は遠野。

曲がり家がたくさん並ぶ故郷園での地元の方との交流が楽しかった。


最後の日は大槌町。

地元の町内会会長の案内でじっくりガイドしてもらった。

3.11の当日の話から、地元無視の復興に対する批判までじっくり話を聞いた。


街はどこもかしこも道路建設のラッシュ。

その割りに住宅地は空き地だらけ。

この復興の対照的な姿が、すべてを物語っているように思えた。


新しい建設途中のバイパスはトンネルに次ぐトンネル。

帰りは、旧道を走って、東北の静かな山間の農村を満喫した。


そろそろ兄弟旅行もお仕舞いかと思っていたが、かえって盛り上がった。

また来年の旅行を約束。

今度は横浜になりそうだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


靖国宮司のたわごと

2018/10/11 04:55
靖国神社の宮司が辞任した。

天皇を批判した不穏当な発言が問題になったそうです。

この戦前回帰的な右翼に必要なのは戦争を賛美するための天皇でしかないようだ。


「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ」

「どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう?」

「はっきり言えば、今上陛下は靖国神社をつぶそうとしてるんだよ」



以下、週刊ポストからの引用

靖国神社では今、来年の創立150年に向け、境内のいたるところで改修工事が行なわれている。だが、その内部では、修復不可能なほどの“綻び”が生じていた。

 6月20日、靖国神社の社務所会議室で行なわれた「第1回教学研究委員会定例会議」で、その重大事は起きた。今年3月に第十二代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏(68)が、創立150年に向けて新たに組織したのが「教学研究委員会」だった。これからの靖国神社がどうあるべきかを考えるとして、第1回の会議には、小堀宮司以下、ナンバー2である権宮司など職員10人が出席したことが当日の議事録に残されている。

 その会議の場で、靖国神社のトップである小堀宮司から、驚くべき発言が飛び出した。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。違う? そういうことを真剣に議論し、結論をもち、発表をすることが重要やと言ってるの。はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」

さらに発言は、代替わりで次の天皇となる皇太子夫妻にも向けられた。

「あと半年すればわかるよ。もし、御在位中に一度も親拝(天皇が参拝すること)なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」

 静まり返る会議室で小堀宮司の高圧的な口調の“独演”と、速記のキーボードを打つ音だけが響く──。

 この会議は、小堀宮司の意向もあって複数の出席者が記録のために録音していた。宮司の「総括」から始まる110分に及ぶ音声データを本誌は入手した。

 小堀宮司が語気を強めたのは、今上天皇が即位以来、一度も靖国を参拝したことがない一方、かつての戦地を訪れ、戦没者の霊を慰める旅を続けてきたことを指しているとみられる。皇室ジャーナリストの久能靖氏はこう言う。

「今上天皇が靖国を参拝されない理由はわかりません。が、あえて推察すれば、昭和天皇が1978年のA級戦犯合祀以来、靖国においでにならなくなった、その思いを咀嚼されたのではないかと考えられます。今上陛下は戦争体験をお持ちで、戦中の国民の苦しみは直接ご存じでした。だからこそ、国内外にわたるすべての戦地で慰霊を行ないたいというお気持ちになられていたと思います。天皇陛下の慰霊の旅は、強い信念に基づいて行なわれているものでしょう」

 その慰霊の旅が、小堀宮司の目には靖国神社を否定する行為に映っていると、靖国神社関係者が言う。


「小堀宮司からすれば、英霊の御霊は靖国にこそあり、戦地にはない。にもかかわらず、今上天皇は靖国よりも慰霊の旅を選んでいるとなると、靖国の存在意義を否定することになってしまうという思いがあったのではないか」

 しかし、この発言は靖国神社内でも問題視された。

「勅祭社(天皇が例祭などに勅使を派遣し、奉幣を行なう神社)としての靖国神社の性格を考えると、天皇陛下を批判するような発言は、宮司として問題ではないかという声が上がっています」(同前)

◆「お前の説教、聞きたくないよ」

 靖国神社は来年までに天皇の参拝を実現させようとしていた。靖国神社職員はこう語る。

「平成の御代のうちに天皇陛下にご参拝をいただくことは、私たち靖国神社からすると悲願なのです。小堀宮司は、“平成の御代に一度も御親拝がなかったらこの神社はどうするんだ”と口にしていました。そうして宮内庁に対し、宮司自らが伺って御親拝の御請願を行なうための交渉を内々にしているのですが、まだ実現の目処は立っていない」

 小堀宮司は専門紙「神社新報」で、〈(創立)五十年目に大正天皇が行幸され、百年目には昭和天皇が皇后とお揃ひで行幸されてゐます。そして来年、百五十年といふ大きな節目の年がやってくることの重大さは、御代替りと相俟って深刻に考へてゐます〉(7月30日付)と語っていた。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パターンロック

2018/10/10 06:16
スマホのロックの一つにパターンロックがある。

私がロック解除しているのを見てカミさんもしたいと言う。

とりあえず、一筆書きで2回、3列に並んだ9点をなぞる。


「忘れたらダメだよ」そう一言いってはじめたが・・・。

2度なぞって、スマホをOFFして再度ON。

「さあ、なぞってみな」


出てきた9つの点を見ながら私が言うと・・・。

「エーー、どう書いたのかしら」とカミさん。

もう忘れたらしい。


 「あのネエ」と私も絶句した。

幸い、10回ぐらいあれこれなぞっているうちに解けたからよかった。

新しいことを覚えるのは、歳をとると大変。


プリンターも給紙を二層式にしたので大混乱。

その度に私が引っ張り出される。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


周防大島

2018/10/09 17:50
最近、周防大島が有名になった。

少し前には、行方不明になった子どもを尾畠春夫さんが発見して大ニュースに。

今度は、大阪の脱獄囚がこの島で捕まりまたまた注目をあびた。


じつはこの島のことについて、私は20年ほど前から知っていた。

はじめてSNS(ソーシャルネットワーク)を始めたとき知った。

最初に私のサイトに周防大島の青年がアクセスしてくれたのだ。


いったいどんな島なのか。

それまで一度も名前を聞いたことのない島だったから、それ以来覚えている。

この島で最近起こったこの二つのニュースには一つの共通点がある。


それは、どちらも日本の警察の力に対する信頼が揺らぐ事件だったという点だ。

大動員された警察官が発見できなかった行方不明の子ども。

牢屋から強姦犯がやすやすと逃げ出し、逃げ出したことにさえ気付かなかった警察。


大捜査網を敷きながらはるか遠くまで逃げられた警察。

なんだか、警察官が間抜けの集団のように思えてくる。

どうしてこんなことになったのか。


じつは、今警察がやっていることがその答だと思う。

聞くところによると警察は黙秘する脱獄犯樋田淳也の取調べに必死だという。

樋田から逃走劇の一部始終を聞きだして、こんな事件の再発防止に役立てたいそうだ。


私に言わせたら、調べるべきは樋田ではない。

こんな男にまんまと騙された警察の組織こそ徹底的に調べるべきだ。

どうも組織が上意下達で、硬直的過ぎる。


警察官みんなが知恵を出し合っているのだろうか。

みんなが創意工夫して犯人を追いかけ、子どもを捜していたように思えないのだ。

上に立つ幹部がアホだと優秀な部下は能力を発揮できないのだろう。


私はそんな点にこそ根本の問題が潜んでいるように思えてならない。

そんなことは樋田淳也は教えてくれないし、彼を調べても分からないのだ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


健康診断への疑問

2018/10/08 06:42
息子の中学時代の恩師が大腸がんから肝臓がんに転移。

大腸がんの発見が遅れたのだろう。

厳しい闘病になる。


最近健康診断に疑問を感じる。

胃のバリュウム検査、肺のレントゲン、大腸がんの血液検査。

こうした検査がどれほど有効か、はなはだ疑問だ。


女性の乳がんも然り。

いっそうのこと、こうした検査は止め、胃はカメラ、肺はスキャナー、大腸は内視鏡にすべきだ。

毎年検査を受け、安心し、気付いたら手遅れでは、何のための検査か分からない。


皆さん、こうした検査に切り替えることを勧めます。

胃は、最近痛むといえば胃カメラも保険適用。

嘘も方便ですよ。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


管理人は聞いた

2018/10/07 09:00
先日のこと、外国からの研修生の宅配業者が怪訝な顔で・・・。

「この人、どんな人ですか」とたどたどしい日本語。

「何かあったの」と管理室を出て、彼が差し出した伝票を見た。


「この部屋の人は最近入った若い女性ですよ」

「荷物引取りに行ったら、ドアの隙間から、顔も見せないで・・・失礼な人」

「荷物の引取りだったの」というと彼が引き取った荷物を指差した。


中には白っぽいサンダルが1足だけ。

「これって、高価なサンダルなの?」

「わたし分かりません。でも、きっとそうです。この引取り会社そういう会社」という。


「こういう女の人たくさんいます。ここら辺、多いです。中には、裸で出てくる人います」

「裸!」

「向うは慣れてるようですけど、わたし、目のやりば困ります」


「そう」わたしは彼の話にただただ呆れた。

裸で応対する人もいれば、顔も見せない人もいるのか。

そういえば、この女性はいつもマスク姿だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三連休

2018/10/06 15:53
三連休も、マンション管理人の私には関係ない。

今週は、友人の応援で土曜日まで駆り出されて、休みは日曜だけ。

それでも、孫たちが遊びに来てくれてうれしかった。


得意の、塩麹漬けポークソティーを焼いてあげたら喜ばれた。

「おじいちゃんの家の料理は豪華ね」と孫娘にお世辞までもらった。

朝はおばあちゃんお得意のフレンチトーストを二人で奪い合う始末。


最近、メダカブームとか。

新種のメダカに数十万の値がついたと騒がれている。

その一方で、在来種は絶滅危惧種。


私の池では多古町のメダカの純血を守っています。

しかし、本家本元の多古町に行って愕然としました。

何万匹ものメダカの泳いでいた池が改修されて、メダカは一匹もいませんでした。


無農薬だ、有機栽培だと農業の姿はさも自然大事を装いながらの、この自然破壊。

どうも、中途半端な自然賛美には賛同できない。

農薬を危惧する学者の言葉を「金持ちの陰謀だ」と言った父の方がよほど正直な気もする。


本当の自然農法はなかなか一筋縄ではいかないようだ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ファン ビンビン

2018/10/05 16:30
中国一の美人女優が146億円の追徴課税。

話題性は満点の事件ですね。

人気が命の世界で活躍するなら、脱税してはダメです。


日本だって、俳優やタレントの脱税は命取りになりかねません。

ビンビンの弟が、自分を守れる権力を手にしたいとほざいていましたが・・・・。

そんな権力もしあったら、まずいでしょう。


今日は、我が家に、私を名乗るオレオレ詐欺の電話があって、カミさんが危なく・・・・。

掛けて来た詐欺師が未熟だったので事なきを得たようですが、心配です。

カミさんは完全に私と思い込んでいたようです。


少し落ち込んでいましたが、予行演習したようなものですから、ラッキーだったかもしれません。

皆さん、オレオレ詐欺にはご用心ください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


電線地中化

2018/10/02 17:06
台風20号の大阪の停電も、24号の静岡の停電も電線地中化で防げる。

日本の電線地中化率は先進国で遅れている。

お隣韓国では70%を越える。


ロンドン、パリは100%地中化している。

ちなみに東京は7%。

これだけ災害が多い日本でのこの遅れは看過できない。


電信柱の倒壊は停電の原因になるだけでなく、その後の復旧の足かせになる。

道路が使えない、鉄道が復旧できないなどなど。

電信柱がなくなり、電線がすべて地中化したら、どれだけ停電が減るか。


それだけではない。

歩道も取れない狭い日本の都市部の生活道路も、電線地中化で随分改善される。

電信柱を避けながら車のたくさん走る道をベビーバギーやショッピングカートを引いて歩くのは厄介だ。


車にとっても歩行者にとっても、電信柱のない道路は安心。

皆さん、是非電信柱のない街を、電線の地中化を勧めましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


隣の屋根

2018/10/01 14:26
スレートぶきの隣の屋根の鉄板が剥がれて飛びました。

朝起きたら、庭に落ちていたのでどこから来たのか驚きました。

すごい風でした。


私の体験ではこれほどの強風は2度目。

お隣は地主さんで、造りが頑丈だから、40年一度も手入れをしていない。

流石に、屋根の根太が腐ったようですね。


数枚の鉄板が近所の庭に落ちていました。

夜中のことで、けが人などでなくて、不幸中の幸いでした。


先日は友人宅の屋根が飛んだと連絡がありました。

我が家のように高いところに突き出たような家は風が怖いですね。

皆さん、どうでしたか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年10月のブログ記事  >> 

トップへ

山野草の独り言 2018年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる