辻 政信

DSC_0126.JPG
「この本買って」

カミさんが新聞の切抜きを差し出しました。

「ノモンハン秘史!ああ辻さんのお父さんか」

この本の著者・元大本営参謀辻政信は、カミさんの小学校時代の同級生信子さんのお父さんです。

「お前のお父さんか戦争を始めた」とクラスメートの男の子からよくイジメられていた信子さんをかばって、カミさんは仲良しだったそうです。

「わたしは戦争のことは分からなかったけど、親の責任は子どもにはないと思っていたから」

小学校生時代の思い出が忘れられないらしく信子さんのお父さんの本を読んでみたいと思ったそうです。

「どんな方だったの?」

「美人で、背が高くて、聡明な人だった」

今朝のカミさんは、台所をきれいに片付けてくれて、霧が晴れたように頭がスッキリしています。