目まい

DSC_0189.JPGマスクの下に入れるグッズ
3日ほど前から目まいがします。

チリ紙を捨てようとゴミ箱のそばでしゃがんだら、肩が壁紙を擦りました。

車を確認するために後ろを振り向き、歩きだしたら、途端に身体が車道の方に蛇行して慌てました。

椅子に座っていても船に乗っているように身体がフワフワします。

朝、タグリッソを飲んでからの3時間によく起こります。

気が付くといつの間にか忘れてしまいます。

この程度では実害はありませんが、これ以上進行するとヤバイかも。

「そんな薬に頼るな」それが口癖の田舎の友人が、わざわざ出掛けて来ると連絡がありました。

「そんな話は聞きたくない」と思いつつも、心配してくれる竹馬の友に会うのが楽しみです。

ここでカミさんの1句

寂しがりやに優しい言葉の処方箋

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

竹馬の友よりシラーぬが仏
2020年10月22日 21:13
ひとりの友の友となるという
大きな成功を勝ち取った者
心優しき妻を得た者は、
自身の歓喜の声を合わせよ!

そうだ、
地球上に唯一人だけでも心を分かち合う魂があると言える者も歓呼せよ!

~シラー作詞
ベートーヴェン作曲
交響曲第九番第四楽章第一主題
『喜びの歌』より~
山野草
2020年10月22日 21:23
相変わらず大袈裟だよ。
でも、それが安清の魅力だから、なんでも許せるよ。
無為自然
2020年10月22日 23:38
今こそが チャンスなのじゃよ。
齢古希の心身が全身全霊で
教えてくれているじゃないか。

敢えて言わん。
自分の内なる声に耳を傾けよ。
静かに深く、無為自然に帰れ。

嫌われながらも、
挨拶代わりに、
我が辞世の渾身の一句を。

薬断ち
医者から離れ
検査なぞ

置き去り捨てて
素で往かん