柿の木

DSC_0205.JPG
大好きな次郎柿があまりなりません。

多い年は400個を超えたのに、今年はわずか30個。

ここ数年不作が続いています。

その上甘みがありません。

柿好きのカミさんが見向きもしないほどです。

坂田種苗店で苗を購入して既に40年を超えます。

天候か、それとも老化でしょうか。

梅も「古木は生産性が落ちる」と兄が言っていました。

苗を植えて3年目から実が付きはじめ、倍々ゲームで生産が増え、10年もすると一人前で安定します。

それから20年ぐらい頑張ると次第に生産性が落ち始めます。

農家は植え替えますが、あんな大きい株を私にはとても植替えられません。

今更切って枯らして、別の木を植えるのは無理。

運を天に任せ、今しばらくはなる様にならすしかないようです。

果樹も家禽も人も、老いたら次の世代に席を譲るわけです。

トホホ。

ゆうちょ銀行

DSC_0206.JPG ツワブキ
ドコモ口座の騒動があったので通帳を調べてみました。

すこし前に勤めたバイト先が、振込先にゆうちょ銀行を指定したので作った口座がありました。

残金なんと5万円です。

忘れていました。

早速確認のため記帳に郵便局へ。

しかし、何故か何も記帳されません。

2.3度繰り返して、あきらめました。

「あのー、記帳できませんけど・・」

窓口の局員に通帳を差し出すと、「ハイ」と返事。

そのまま通帳は責任者の手に渡されました。

すると・・・・!

「額が少なすぎて利息もつかないので記帳するものがないようですね」

「エー、5万円で利息がつかないの?」

1万分の1 円でも5円の利息です。

いったい、今、利息はいくらなんですかねぇ。

ゆうちょ銀行以外は記帳するものがないとメッセージがあるのに、それもありません。

笑顔の局員が憎たらしく見えました。

「ここで笑顔はないだろう」

「だから不祥事があとを絶たないんだ」

「利息が少なくて申し訳ありませんと謝るのが普通だろう」

捨て台詞が2つも3つも浮かんできましたが、怒鳴ってもしょうがないので、すごすごと帰宅。

トホホ。

冷蔵庫

DSC_0209.JPG 野ボタン
急きょ冷蔵庫を買いました。

老い先短いのに、今頃買うことも、と思いましたが、冷凍庫の具合が悪く・・・・。

冷蔵庫や洗濯機はないと困ります。

壊れてからだと、即、生活に影響します。

どうせ短い老い先なら、一刻も早い方がいいと判断しました。

燃費が、12年前と比べて年間5万円ほど安くなるそうです。

3年も使えば元が取れます。

宣伝文句とは言え、それなりに省エネに違いありません。

1 万円の下取りサービスもついています。

設置費も無料のいいとこ尽くし。

カミさんの了解も得て、二人の「特別給付金」をあら方使うことにしました。

もう一度給付金があると良いですね。


菅首相の所信表明演説

DSC_0207.JPG 蓼(タデ)
菅首相の所信表明演説には、あきれました。

ただただ政策を並べただけ。

ここまで味も素っ気ない演説も珍しい限り。

官房長官時代の面白味のない記者会見とは少しは違うかな、と期待しましたが残念でした。

「蓼食う虫も好き好き」とはいいますが、菅総理への支持だけは、あっという間に減るような気がします。

皆さん聞きました?

草木の名前

DSC_0206.JPG ツワブキ
山仕事に行く父に連れられて山道を歩いていると、父が木の名前を教えてくれました。

なんの興味もなかった私は、馬耳東風と聞き流していました。

それでも、身近な役に立つ木などの名前は覚えました。

息子が中学生になって、桜と梅の区別がつかないと知り、唖然とした事を覚えています。

そんなことがあって、私がそれなりに身近な草木の名前を知っているのは、繰り返し草木の名前を教えてくれた父のお陰と感謝しています。

兄弟で旅行に行くと二人の姉が、競うように草花の名前を教えてくれました。

それはそれは博識で、身近な花は無論、鳥海山や大山などに登ったとき、そこに咲く高山植物の名もほぼ全て知っていました。

そんな旅の経験がきっかけで姉の山野草栽培に弟子入りしました。

最初はすべての花の名が珍しく、なかなか覚えられず苦労しましたが、少しづつ覚えることができました。

最近は道を歩きながらできるだけ花の名を暗唱しています。

歳のせいで忘れる事を防ぐには、繰り返し思い出すしかありませんから。

ダンスのパートナーは横浜郊外にお住まいで、よく山の中を歩くそうです。

散歩の途中、花を良く見るようですが、名前には全く興味がない様子です。

田舎育ちで、実家は山林もたくさん所有しているというのに「杉」と「檜」の区別もつきません。

頭がおかしいのかな?と思ったこともありますが、興味がないとはそういう事なのだとつくづく思います。

名前が分かった方が十倍楽しめますよ。

附馬(ふば)・・・

「附馬」と言う言葉を初めて知ったのは韓流ドラマでした。
王様の妹が身分違いな男と恋に落ちたとき、周りの役人たちが、「皇女様にもそらそろ附馬を探さないと・・・」

「附馬」とは、随分ストレートな言葉だと驚きました。

まるで、サカリのついた牝馬にオスをあてがうような露骨な言葉です。

ところが、最近夢中で見ている華流ドラマ「開封府」には、立派な身分として「附馬」が登場します。

中国や韓国が遊牧民族の国家である事を痛感させる「身分」ですね。

日本で言えば女性皇族の夫が「附馬」にあたります。

眞子様も29歳の誕生日を迎えました。

ソロソロ小室さんを「附馬」として認めてやっても良いかな、なーんて思いました。

余分なお世話か。

絶品メロン

DSC_0176.JPG
管理人をしているマンションの居住者がサイクリング中に事故にあわれました。

折れた肋骨が肺に刺さり、ヘルメットはつぶれて頭蓋骨骨折、右脚の脛をポッキリ。

交差点直進中、右折して来た車にはね飛ばされたそうです。

まさに九死に一生を得たと言えます。

そのKさんのもとに年老いたご夫婦が訪れて来ました。

私は、見舞いに来たご家族と勘違い。

「Kさんはとんでもない事故で」と話しかけると、「その事故を起こした張本人がわたしです」と老人。

「エッ!あなたが」

奥さんと連れ立って謝罪に来たようです。

加害者は79歳とは聞いていましたが、実際にあってビックリです。

自転車の怖さ。高齢ドライバー問題。いろいろ考えさせられます。

そして今日、仕事を終えて着替えていると、突然Kさんが登場。

「管理人さん、お願いが」

「何か?」

先日の見舞いでもらったメロン、食べてもらえませんか?」

「どうして・・・?」

「じつはわたし、メロン食べられないんです。今日が食べ頃。Oさん、お願いします。間に合って良かった」

と来た!

さっそく帰宅して、カミさんと二人でがぶり。

アマーイ!

どこに事故が隠れているかも分かりませんが、幸運もまた然り。

たまにはこんな拾いものもあるんですねえ。

目まい

DSC_0189.JPGマスクの下に入れるグッズ
3日ほど前から目まいがします。

チリ紙を捨てようとゴミ箱のそばでしゃがんだら、肩が壁紙を擦りました。

車を確認するために後ろを振り向き、歩きだしたら、途端に身体が車道の方に蛇行して慌てました。

椅子に座っていても船に乗っているように身体がフワフワします。

朝、タグリッソを飲んでからの3時間によく起こります。

気が付くといつの間にか忘れてしまいます。

この程度では実害はありませんが、これ以上進行するとヤバイかも。

「そんな薬に頼るな」それが口癖の田舎の友人が、わざわざ出掛けて来ると連絡がありました。

「そんな話は聞きたくない」と思いつつも、心配してくれる竹馬の友に会うのが楽しみです。

ここでカミさんの1句

寂しがりやに優しい言葉の処方箋

靴底

DSC_0205.JPG

「底のすり減った靴を履いていたら、どんな治療も効果がありませんよ」

ようやく受診出来た駅前の整形外科の若い先生の言葉に、慌てて靴を買いにホームセンターへ行って来ました。 

帰宅して靴箱を見ると妻の靴は靴底がすり減っているか、もう履くことのないハイヒールばかり。

すべて処分しました。

すり減って歪んだ靴底は膝にとんでもない悪影響があるそうです。

皆さん、靴底に注意しましょう。


雑草

DSC_0198.JPG ハナミズキ
ヒマワリやコスモスの咲いていたお隣の空地の雑草が、刈り取られました。

先日、購入を検討していると見に来た青年が、手に持った資料を示しながら、

「写真だと空地なんですけどー?」

と生い茂った雑草をみつめていました。

「住んでいた方が花好きだったからねえ」

そう答えながら、都会に生まれ育った人たちは、日本農業が、「雑草との戦い」であることを知らないのだとつくづく思いました。

アジアモンスーン地帯の土地は生産性が高く、放っておいても草がすぐ茂り、ほんの数年もすれば雑木まで生えてきます。

父や母の一生は、まさに雑草との壮絶な戦いでした。

きれいに耕された農地のカゲに血の滲む様な農民の苦労があることを知らない人が増えて来たのかな?

牡蠣の炊き込みご飯

DSC_0193.JPG(野生化した朝顔)
寒くなりました。鍋の季節ですね。

炊き込みご飯も良いですよ。

先日、深川飯を作ろうとスーパーでアサリのむき身を探しましたがありませんでした。

そこで牡蠣が目に入ったので牡蠣の炊き込みご飯に挑戦しました。

牡蠣は、別の鍋で適当に味付けして煮ておきます。

その汁を使ってご飯を炊き込み、炊きあがったところで煮ておいた牡蠣を混ぜて蒸らします。

牡蠣を固くしないためには長く煮ないことです。

椎茸と人参も炊き込みました。

刻み海苔を振って完成。

二人で1合食べちゃいました。

うまかったなぁ!

日本をつぶす気?

DSC_0179.JPG
菅さんは安倍以上ですね。

死んだはずの竹中平蔵まで引っ張り出して。

おっさん以上におっさんを演じる女性政治家と同じで、苦労人の政治家は得点求めて、たちが悪い。

「生産性」の餌食になって、日本を支える中小企業は、大変なことになりそうです。

復活の兆し?

DSC_0178.JPG

涼しくなって、カミさんの体力が少しづつ回復して来ました。

4~5秒しかぶら下がれなかった鉄棒に20秒程ぶら下がれるまでになりました。

一時は起き上がることもできない程でしたから嬉しい限りです。

不思議なもので、体力の復活とともに俳句の出来も格段の変化。

先月までは句会に投句しても誰も選句してくれず、絶望的な様子で、見ているのも哀れなほどでした。

それが、数日前からいきなり受け答えがはっきりし出し、デイサービスから帰ったカミさんのリュックに写真の俳句が。

先月までは初心者の様な拙い句でしたからびっくり。

「お前、この句どうしたの?」

「デイサービスで作ったら入浴介助の若いお兄さんに褒められた」

と、カミさん、満更でもない顔です。

孤独とは異(ちが)う独りの秋の夜

訂正
(写真の手書き文字に間違いがあります)

井炉裏は、囲炉裏。

百日花は、百日紅。

副作用・・・!?

DSC_0177.JPG
右手の中指と人さし指の爪が痛みます。

分子標的薬の副作用。

医者からも看護師さんからも注意されていました。

普段はどうと言うこともないのですが、糠味噌をいじくると爪にしみます。

カミさんに相談したら、「糠味噌係は私がやるわ」と温かい返事をもらいました。

「これも副作用の一つらしい」と話したら、心配になった様子。

「ゴム手袋でもしたら」と言われました。

と、ここで事業所から、コロナ対策に大量の使い捨て手袋をもらっていたことを思い出しましました。

全く使わないで棚にしまってあります。

目的外使用にはなりますが、この際、有効活用させてもらいましよう。

それにしても、鳴り物入りでスタートした「副作用」がこの程度かと拍子抜け。

果たして効果のほどは?と心配になり看護師さんの顔をのぞくと、「副作用の有無と効果には関係ありません」とのこと。

「なるほど」と納得。

2週間に一度血液検査の結果は「心配していた肝機能も問題ありません」と医者の太鼓判。

診断書付きで酒を勧められているような気分。

はたしてどうなることか。

私の分子標的薬との付き合いも、こうして2週間が経ちました。

学術会議の問題

学術会議の「任命拒否」問題を皆さんどう思いますか。
政治は進路を間違えたらとんでもない事になります。
だから、できるだけ正しい政治をする必要があります。
そこで問題になるのは、政治家は政治能力では優れていても、すべての問題で優れているわけではないということです。
これだけ科学技術が進んだ世の中ですから、それは致し方のないことです。
いくら菅総理が頭が良くても、それぞれの専門分野は専門家に任せるしかありません。
そのためにあるのが助言者としての学術会議です。
と言うことは、その専門分野で推薦された専門家は菅さんより優れているわけです。
だから、総理大臣といえども「あんたはためだ」などと拒否する資格はないと言うことです。
似たような制度に「総理大臣の任命」があります。
国会議員が選び天皇が任命します。
もし天皇が、「お前は総合的、俯瞰的観点から総理大臣に相応しくない」と任命権者として拒否したら日本の民主主義は終わりです。
菅総理のやったことは独裁につながる行為と言えませんか?
田舎育ちの苦労人が最初にこんなことをして、たちまちメッキが剥げ落ちましたね。

運動会

DSC_0173.JPG
空が明るくなって来たのでカミさんと散歩に出掛けました。

近所の中学校まで来ると子どもたちの歓声。

今日は幼稚園の運動会でした。

「晴れて良かったねぇ」などと話しながら校庭に入ると「関係者以外立入禁止」と、呼び止められました。

コロナ対策で、園児一人につき保護者も一人に制限しての開催だそうです。

本当に変な時代になりました。

帰り道、近所の柚子を2つ頂きました。

今年最初の秋刀魚の大漁のニュースを聞きました。

今夜は深川飯と決めていたので、明日は秋刀魚にでもしましょう。

と、ここでカミさんが1句。

運動会コロナ恐れて近寄れず


Goto競争

DSC_0159.JPG
神奈川県の旅行補助が10月1日12時にスタートしました。

政府のGotoトラベルの神奈川版です。

鎌倉・横浜・箱根以外の地域は最大50%の補助金が出ます。

「湯河原温泉なら箱根じゃない」

しめしめ。政府のGotoで35%補助。神奈川県から50%もらって、さらに政府から15%のクーポンをもらえば15000円の温泉旅行が宿泊費実質ゼロだ!

その日の晩早速、湯河原温泉の宿に電話して状況調査・・・。

しかし、なかなか繋がりません。

ようやく繋がったホテルは、「空いてません」「昼から予約の電話が鳴りっぱなしで、もう年内の週末は空きありませんよ」

受付の兄ちゃんも、何処かウンザリした受け答えです。

そうか! やっぱり遅かりし由良の助だ。しようがない。どう考えてもお得過ぎる。すぐ埋まるのも当然だ。

と気を取り直し、取り敢えず年内の予約は諦め、狙いを来年に。

長期戦の構えだ。

娘を誘って、孫も連れて、城ヶ島の磯遊びか・・・、柳ケ瀬ダムでボート遊びか?

そんなことを知り合いに話したところ、「もう神奈川県の補助金は予算がなくなったから終わりだって」

「なにー!そりゃないだろう」

確かに「予算がなくなりし次第終了」とは書いてあったが、期限は確か来年2月末。

まだ始まって1週間でお仕舞い?!

鳴り物入りで始まったのに、早過ぎるだろう・・・・・。

あああ、喜んだ俺がバカだった。

バーゲンセールじゃあるまいに。

税金使って、県がやることか。ふざけるナー!

「早い者勝ち」にも、程度がありますよね。

キノコ刈り

DSC_0176.JPG
「facebook」に突然、元の職場の先輩が登場。

山荘での「キノコ刈り」の楽しい近況を読ませてもらいました。

読んでいるうちに、ずいぶん昔、職場の仲間と初狩に山登りしたことを思い出しました。

途中、大きな倒木の周りに大量のキノコを発見。

「栗タケだから食べられる」と言う先輩の言葉に、みんなで争奪戦。沢山収穫しました。

「味噌汁でも、オシタシにしても美味しいよ」。

仲間のアドバイスに、帰宅すると早速味噌汁にして家族で食べました。

翌日、職場で美味しかった味噌汁の感想を話していると、「そうか。じゃあ俺も今夜食べよう」と先輩の言葉。

「え!食べてないの?」

私はびっくり。

「キノコは心配だからね」

先輩は当たり前だろうと言う表情です。

「人体実験か!」私は呆気にとられました。

以来、人を信じすぎるのはヤバいことを知りました。

あの責任感の塊のような先輩ですら、キノコの試食は自分ではしないのですから。

そんな遠い昔の山登りを思い出させてくれる先輩のキノコ刈りの報告でした。

タグリッソ

DSC_0169.JPG
いつの間にかタグリッソを飲み始めて9日が経ちました。

最初の3~4日軽い頭痛が続き不安を感じました。

しかし、それもいつの間にか消え、これと言った体調の変化もありません。

問題の間質性肺炎は、自覚症状の前に影ができることもあると、医師から注意を受けています。

来週のレントゲン検査が、最初の関門です。

知人が2.3ヶ月飲まないと副作用は現れないと教えてくれました。

なるほどと思いつつ、果たして肝心の効き目があるのかないのか、そこが1番の問題です。

副作用でオタオタしていては、なんの為に服用しているのか訳が分かりません。

副作用も、効果の程も暫く飲み続けなければ分からない事が何だか面倒くさいと感じます。

歳を取ると短気になって我慢が効かないことだけは正解。

即席ラーメンのように「3分間待つのじゃよ」が身についてしまったかな?

香害

DSC_0172.JPG
「香害」と言う言葉を知りました。

芳香剤、消臭剤、殺菌・除菌・・・。

世の中にたくさんのこの手のものが氾濫しています。

私の家にもトイレの消臭剤が1つあります。

アルコール除菌剤もコロナ対策で玄関に。

知らず知らずのうちに買わされてしまいました。

こうしたものはほとんどが石油化学製品です。

スーパーのレジ袋が、槍玉にあがつていますが、どうしてこうしたスプレー式の芳香剤や消臭剤を放置するのか私は疑問に思っています。

石油化学製品のホルモンへの悪影響は、すでに実証されています。

精子の減少、そして不妊治療。

元をただせば石油化学製品の氾濫にあると思われます。

私はこうした「香害」商品は、タバコ並の規制をすべきではないかと思います。

少なくとも、コマーシャルは規制すべきです。

若い女性の自殺

DSC_0170.JPG
若い女性の自殺者が急増したそうです。

10代の女性は、8月は前年のなんと4倍。30代以下でも、1.7倍。

多くの方が心配していた通り、コロナ自粛の影響は、最も弱い層を正確に直撃したようです。

今の日本で非正規の若い女性が、1番厳しい生活状況に置かれていると思います。

高齢者や障害者も厳しい生活状況の方が多くいるとは思いますが、若い世代などに比べ、福祉制度に一定守られています。

例えば、横浜市民である私は、70歳から敬老パスをもらい、年8000円で、すべてのバスと市営地下鉄がフリー乗車。

家もあり、年金もあり、少しは蓄えもあります。

一方、乳飲み子を抱え、パートで働きながらローンの負担のある若い世代は、220円の負担。

失業しても救済されないのです。

「自己責任論」や「自助努力」ばかりが強調されるなか、コロナ禍で職を失った若い女性たちの絶望はどれほどでしょうか。

副作用

DSC_0163.JPG
29日にタグリッソを飲み始め、そろそろ1週間です。

軽い頭痛が時々気になります。

鼻炎のようで鼻汁がよく出ます。

腰が張るのが副作用かどうか判断に迷います。

何れにしろ、取り敢えずはほぼ何も起こらなかった用です。

ホッとしました。

2.3ヶ月飲み続けて、さてどうなるか?問題はそれからかな?と思っていた方がいいようですね。

詐欺まがいのソフトバンク商法

DSC_0151.JPG
私はソフトバンクとデータ使用料1ギガの契約です。

足りない時は、0.5ギガ550円か、1ギガ1000円で購入します。

購入して残ったデータは翌月に繰り越せます。

ところが、今月、残るはずの0.4ギガが消えていました。

疑問に思って調べてみましたか、「残らない場合もあります」と言う説明かあります。

しかし、私の場合がどのような理由に該当するのかサッパリ分かりません。

問い合わせしても、答えるのはAIロボットらしく、要領を得ません。

ロボットに答えられないなら、人間が答えるのが当然です。

ところが、ロボットに分かるように質問しろと言わんばかりの答えしか返ってきません。

この際、「楽天に換えようかなぁ」と考え始めました。

楽天は5Gのエリアはまだまだのようですが、私のような1ギガユーザーにはそんな事は全く問題なしです。

皆さん、通信大手三大メーカーなんてやめませんか。