詐欺まがいのソフトバンク商法

DSC_0151.JPG
私はソフトバンクとデータ使用料1ギガの契約です。

足りない時は、0.5ギガ550円か、1ギガ1000円で購入します。

購入して残ったデータは翌月に繰り越せます。

ところが、今月、残るはずの0.4ギガが消えていました。

疑問に思って調べてみましたか、「残らない場合もあります」と言う説明かあります。

しかし、私の場合がどのような理由に該当するのかサッパリ分かりません。

問い合わせしても、答えるのはAIロボットらしく、要領を得ません。

ロボットに答えられないなら、人間が答えるのが当然です。

ところが、ロボットに分かるように質問しろと言わんばかりの答えしか返ってきません。

この際、「楽天に換えようかなぁ」と考え始めました。

楽天は5Gのエリアはまだまだのようですが、私のような1ギガユーザーにはそんな事は全く問題なしです。

皆さん、通信大手三大メーカーなんてやめませんか。

分子標的薬スタート

DSC_0149.JPG
今朝、初めて分子標的薬タグリッソを飲みました。

昨日、耳に蛸ができるくらい副作用の説明をして頂いたので吐き気でもするかと、少し不安でしたが、なんともなかったのでホッとしました。

それにしても、担当医、看護師、薬剤師、薬局と4回も同じ話。

念には念を入れてと、ひたすらじっと拝聴させて頂きました。

相性もあれば、長期に飲む弊害もありで、最初良かったからと言って安心出来ないようです。

「8割くらいの人に効果があります」というから、おそらく私も効果があると思います。

しかし、どの程度の効果かは未知数。人によって随分ばらつきがある様です。

1錠2万円。

1ヶ月60万円。

年720万円で命を長らえることになります。

命に値段は付けられないと言いますが、私の命は最低でも720万円以上と言うことになりますか。

私の負担は年21万6000円。

おおよそ700万円は国民健康保険が賄ってくれることになります。

日本の福祉・医療制度に色々問題はあると思いますが、ここまでしてもらえることに心から感謝したいですね。

この貴重な命を無駄には出来ないとつくづく思います。


gotoトラベル・・・?

DSC_0137.JPG
北海道の旅10万円が6万円

屋久島 5万円が3万円

新聞の広告にこんなコピーが並んでいました。

4割ほど補助が出るようです。

しかし、この補助の出し方は金持ち優遇、大手優先だと思いませんか!

10万だと4万円の補助金なのに、1万円の質素な旅には4000円。

なんか損したような気分です。

高級ホテルや旅館は満杯なのに一泊1万円以下の旅館やホテルはあまり恩恵がないそうです。

一律2万補助とか、最高限度額と最低限度額を決めるとか、もう少し庶民よりの仕方もあるでしょう。

政府のやり方は相変わらず金持ち優遇、大手優先に思えます。

限度額適用認定証

DSC_0149.JPG
国民健康保険の限度額適用認定証の期限が切れていました。

明日から分子標的薬が始まるので先に認定証をもらっておかないと高額な医療費を一時的にも負担させられることになります。

必要な書類とか確認しておかないと役所は面倒です。

「備えあれば憂いなし」

と言う訳で、事前に担当者に電話しました。

すると驚いたことに「70歳以上で、非課税でないので、認定証は必要ないです」

ラッキーでした。

何事も事前の準備が大切ですね。

無駄足を踏まずにすみました。

それにしても、「限度額適用認定証」などと言うものがなぜ必要なのか、甚だ疑問です。

医療費負担を減らされて困る人はいないでしょう。

こう言う「申請主義」こそ行政の無駄。

菅首相に期待できるかな?

無理でしょうね。

快挙ダァー!

DSC_0143.JPG
カミさんがデイサービスから賞状をもらって来た。

「あなたの作品は全国書画展覧会運営委員会主催の第四十一回ふれあい書道展で頭書の成績を収められましたので賞します」
とある。

頭書の成績は「特選」。

「筆の都」広島県熊野町全国書画展覧会運営委員会(印)

どうも筆作りで有名な熊野町の書画普及作戦の一環で創められた展覧会らしい。

それにしても立派な賞状で、真ん中に作品が印刷されている。

書いた文字は「水仙」。

「入れ」も「払い」も「跳ね」も見事なもの。

私など足下にも及ばない。

「こいつほんとに惚けてんのか?」

つくづくカミさんの顔を覗き込んでしまった。