テーマ:趣味・日本古代史

仁徳天皇陵

仁徳天皇陵を宮内庁と地元の堺市が共同で発掘調査することになったそうです。 「仁徳天皇陵」と云ってもお墓の中ではなく堤の調査。 それでも、こうした発掘調査ははじめて。 何か貴重な発見があることを期待しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他にもある

レスリング、アメフト、ボクシングそして今度はチヤガール部。 日本のスポーツ界がどんなボスに牛耳られているのかよく分かりました。 韓国の財閥。日本のスポーツ界。 しかし、このボス支配はスポーツ界だけではありません。 その一つが古代史学会です。 日本の古代社会の解明はなかなか進みません。 その原因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改ざん  <ウド>

決裁文書の改ざん問題で思うことがあります。 日本の歴史で最大の文書改ざんといえば「古事記」と「日本書紀」。 日本という国は1400年の昔から「改ざん」国家といえますね。 「邪馬台国」も「倭の5王」も、編纂者天武天皇の意向で歴史書から削除。 中国の歴史書にあって、自国の歴史書にないというひどい改ざん。 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵲(カササギ)

私がカササギを最初に見たのは韓国旅行の時でした。 2回目に見たのは、九州旅行で佐賀平野をバスで移動中でした。 日本にもいることを知ってビックリしました。 街中に住む鳥で、鳩ぐらいの大きさです。 留鳥(移動しない鳥)で、日本では九州北部にだけ生息しています。 知らない方も多いのではないかと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒冷地適応形態

今朝は雪が積もらなくて本当によかったです。 マンション前の道路の雪掻きは大変です。 北国の皆さんの苦労に頭が下がります。 「寒冷地適応形態」って分かりますか? 温血動物には体と気候に関係があるそうです。 同種の動物なら寒冷地の方が暑い地方より体が大きいとか・・・。 寒冷地の動物は突起物を小さく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土蜘蛛  <ユキワリソウ>

遺伝子の研究が進み人類の起源も分かってきました。 こうした研究の結果、日本人の起源も解明。 縄文人の祖先に1番近かったのは、意外にも、オーストラリアの先住民アポリジニ。 日本に侵入したのは南方モンゴロイドだったのです。 アフリカから東に移動したのがモンゴロイド、北に行ったのがコーカソイド。 モンゴロイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家の移動  <ナノハナ>

江戸時代、今の福岡市の沖にある志賀島で発見された金印。 水田耕作中に百姓が見つけたそうです。 「漢委奴國王印」と刻印。 学校で読み方を「かんのわのなのこくおう」と教わりました。 しかし、「かんのいとこくおう」とも読めます。 魏志倭人伝には「伊都國」も「奴国」も登場します。 通説は「なこく」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『襲国偽僣考』(そのくにぎせんこう) <梅>

なんとも読みにくい名前の本です。 この本の著者は鶴峯戊申(つるみねしげのぶ)さん。 豊後国臼杵生まれ、ペルーが来た頃生きていた江戸時代後期の学者だそうです。 知っている方はあまりいないと思います。 しかし、今後の古代史研究の上で、きわめて重要な人物では・・・・。 そう、密かに思っています。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太公望 <サクラソウ>

メガバンクが口座維持手数料を検討しているという。 月2000円取っている銀行もあるそうだ。 利息もないのに、口座を持つだけで手数料か・・・・・。 年金は振り込み、公共料金は自動引き落とし。 まったく口座を持たないのも不便だし。 タンス預金も物騒だし、困った時代になりますね。 NHKが中国古代王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考古学挑戦  <サクラソウ>

昔むかし、考古学を勉強してみようと本を買った。 開いてみると、似たようなつぼの土器が並んでいる。 それぞれに、名前があり、順番があり、時代があった。 しかし、わたしにはその違いがさっぱり分からない。 そのまま、考古学への興味は失せた。 だから、古代史は好きだが、考古学にはまったく興味がなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接する 

久しぶりに川柳が年金しんぶんに載りました。 開けるたび?(はてな)と思う冷蔵庫 ご同類の皆さんも多いかと・・・・。 最近は、佃収さんの古代史に夢中で、川柳まで手が回りません。 氏の論文はネットで読めるのでそれでいいか、と思っていましたが、堪らず購入しました。 送られて来た本は分厚い学術書風の3冊。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴国  

わたしが、「神話」の話をすると、「それが何だって言うの」とカミさん。 カミさんには、「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり 」という教えを知らない。 「真理」の探究は命をかけるものなのだ!! BAKAめ」 きのうは神武東征から崇神まで読んだ。 今朝は、景行天皇、日本武尊、仲哀天皇、神功皇后の熊襲征伐。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本居宣長の疑問と地質学

敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花 江戸時代の国学者であり、文献学者・本居宣長の歌です。 戦前の軍国主義時代のヒーローのような方。 宣長の和歌から「敷島」「大和」「朝日」「山桜」4銘柄のタバコの名前まで。 それもこれも、明治以降の日本の軍国主義者たちが勝手にしたこと。 宣長の責任ではありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の漁船  

日本海各地に漂着する北朝鮮の漁船。 ボロ船もいいところですね。 漂着した船の写真を見ていて、卑弥呼の時代を思い出しました。 卑弥呼はじめ古代の大王は中国王朝に使者を送っています。 当時の日本は丸太舟。 漂着する「北」の漁船よりも小さかったそうです。 魏の皇帝は卑弥呼の送った使者に「親魏倭王」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「澗」の位知ってます? 

「340澗」=2の128乗=約340兆×1兆×1兆だそうです。 「IPv6」が順次利用可能になるとフレッツ光からメールが。 はて、何のことかと調べたら、「340澗」という数字が目に入ってきました。 生まれて初めて「澗」の位を知りました。 人類70億人として、1人あたり約4穣8,600𥝱個 にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット小説  <オキザリス>

わたしのブログに珍しくコメントがあった。 多胡碑に書かれている右太臣が登場するネット小説「北円堂の秘密」を知ってますか。 グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。 その1からラストまで無料です。 少し難解ですが歴史ミステリーとして面白いです。 北円堂は右太臣の祀られている古都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倭国  <ダイモンジソウ>

佃収さんの古代史論文を読み始めました。 ビックリするような内容。 しかし、なるほどと思える点もあります。 「日本古代史の復元」 興味のある方は是非読んでみてください。リンクしてあります。 氏の説によると、紀元前1200年頃の「倭人」は中国「呉」地方(揚子江下流)にいたという。 紀元前473年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山上碑  <絵手紙>

TVを観ていたら上野三碑の1つ「山上碑」の歴史的な価値を紹介していた。 女子アナの解説によると、日本人は漢字を活用して自国語を表現する文字にしました。 山上碑は、「漢字自国語表現文字化」のごく初期の記録だそうです。 たとえば、漢文では英語同様、語順が「動詞」「目的語」の順になります。 日本語は「目的語」が先に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野三碑 <ツワブキ>

上野三碑がユネスコの世界の記憶遺産に認定されました。 この時代の石碑に残る文字の記録は「金石文字」。 日本書紀や続日本記は後世の支配者によって粉飾された可能性がある。 それに比べ、こうした石碑の残る記録は、当時の人々のそのままの記録。 歴史的価値としては、「記紀」の記録が二流なのに対し「石碑」は一流。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高地性集落

高地性集落と思われるものが「弥生中期」に「中部瀬戸内」と「大阪湾岸」。 「弥生後期」に「近畿」とその周辺でたくさん見つかっている。 軍事的な要因によるものと考えられていました。 稲作・水田が中心となった時代の高地移動。 原因を食糧争奪や権力闘争に求めるのはもっともな話だ。 しかし、近年、きっかけは、自然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BC8世紀

期日前投票に行ってきた。 投票所は長蛇の列。 列は、投票所から庁舎内を文字通り曲がりくねって・・・・。 最後尾は区庁舎の外。 雨の中、傘をさしての大行列。 区役所に続く道路も渋滞。 投票に1時間以上かかった。 この状態が昨日から続いているそうだ。 さて、紀元前750年ごろ、新星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦  

きのうは孫娘の塾のお迎え。 6時、教室を出てきたツッちゃんが「真っ暗だ!」。 日が短くなりました。 日本書紀では「斉明6年(660年)皇太子(中大兄皇子)初造漏尅。使民知時。」 (斉明6年に皇太子が初めて水時計を造り、民に時を知らせた) しかし、実際はずっと古く、倭の5王の最後の大王「武」の時代(500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「西日本大震災」と「天下熱病」

「十四年(六八五年)九月甲辰朔戊午条」「直廣肆都努朝臣牛飼爲東海使者。直廣肆石川朝臣虫名爲東山使者。直廣肆佐味朝臣少麻呂爲山陽使者。直廣肆巨勢朝臣粟持爲山陰使者。直廣參路眞人迹見爲南海使者。直廣肆佐伯宿禰廣足爲筑紫使者。各判官一人。史一人。巡察國司。郡司及百姓之消息…」『天武紀』 いきなり「日本書紀」からの引用です。 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入れ墨  <ツリシノブ>

30代と思しき女性が、シャツからはみ出るほどの「刺青」をしていた。 それを見て、魏志倭人伝を思い出した。 倭人は顔面に「入れ墨」。 体には「刺青」をしていた。 主に「海女」族の習慣だったようだ。 この風習がなくなるきっかけになったのが、隋の刑法だそうだ。 隋では軽い順に次の5つの刑罰があった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍  <ヒガンバナ>

電子書籍を読んでいますか? わたしは数年前、「Kobo」という電子書籍用リーダーを買いました。 しかし、電子書籍は買ったことがありません。 もっぱら自分で作ったPDFを読んでいます。 作り方はそれ程難しくありません。 参考にわたしの「自炊」方法を紹介します。 わたしの目的は、ネットで見つけた古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天照」は男だった!!

歴史に興味のない方でも、「天の岩戸」の話はご存知でしょう。 天照大神が岩の穴の中に隠れ世の中が真暗になる。 そこで、天鈿女命(アメノウズメノミコト)がストリップショーで誘い出す。 じつは、この「神話が造られた時期について」興味深いブログ「古田史学とMe」を読んだ。 一般に「天岩戸」を含め「神話」は弥生時代、せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国東遷説

ここに2つの地図があります。 小さくてごめんなさい。クリックすると大きくなります。 実はこの地図、奈良の大和と北九州にある旧夜須町の地名。 位置関係もあわせ、同じ名前の地名がたくさんあることを示しています。 (安本美典著 「真説邪馬台国 天照大神は卑弥呼である」より引用) なぜこんなに同名の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三原じゅん子  <ツユクサ>

三原じゅん子さんが「神武天皇は実在の人物」といったそうだ。 なかなかの見識。 しかし、実在と云っても、5.6世紀の人間を卑弥呼以前に移動するぐらいの偽装がある。 おまけに、渡来人。間違いなく半島の人だ。 知ってるのかな? 彼女の話からは、「神話」が「実話」のような言い方・・・。 だとしたら、間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄文の北海道  <コチョウラン>

13日の東京新聞夕刊の「縄文の北海道」を興味深く読んだ。 3000年前の縄文時代後期に作られた巨大な古墳の遺跡。 大和の巨大古墳が作られた時代よりさらに千数百年も古いのだ!! すごい!! 筆者の松木国立歴史博物館教授は、この古墳を紹介しながら、 「階層化した政治社会が生み出されるよりもずっと前に、・・・大規模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しいブログを見つけました  <フメフウロウ>

熊本の地震は震源域が移動するとか。 北上すれば伊方原発。南下すれば川内原発。 最悪の位置です。 このまま終息することを祈るのみ。 きのうは、古代史関係のブログを発見。 しばらく、暇がなくなりそうです。 皆さん、是非ご訪問を 「日本古代史つれずれブログ」 理系出身のビジネスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more