山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 海上保安官に女性が馬乗りされた事件

<<   作成日時 : 2015/02/03 06:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まずは、以下の写真を見てください。

画像


腕に「海上保安庁」と名前の入ったヘルメットの男性。

その前のピンクの女性は映画監督の影山あさ子さん。

画像


二人は沖縄・辺野古沖の船上。

女性を襲う屈強な「海上保安庁」の男?と思ったら、

狙ったのは、女性が抱えているカメラ。

画像


なかなかカメラが奪えないので、「海上保安官」は、とうとう女性の体を足で跨いで馬乗り。

画像


1月20日 名護市の大浦湾での出来事。

影山さんは普天間の辺野古沖移設に反対する市民らの抗議船に乗船。

海上作業の様子を撮影していたときでした。


馬乗り事件以上に問題なのは、この事件に対する海上保安庁の対応


海上保安庁は、この「馬乗り事件」を次のように釈明。

(海上保安官は)かじがある船体後部へ通り抜けるために女性をかわして奥に進んだ」

しかし、どう見てもそうは見えないので、しばらくして訂正。

「女性は(船上で)立ったまま不安定な状態で撮影していた。安全確保のために体全体を使って転落しないようにした」

カメラが海に落ちたり、壊れたりする場合もあるので、一時的に預かることがある


事件は、上官の指示の下、カメラを奪おうとした組織ぐるみの犯行。

「公権力」が公然とウソをつく。

今、沖縄では、こんなことが平然と行われている。

まさに「琉球処分」状態。

わたしたちも、見て見ぬ振りは許されません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海上保安官に女性が馬乗りされた事件 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる