山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ユネスコの世界記憶遺産  <野牡丹>

<<   作成日時 : 2015/11/07 06:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南京大虐殺の世界遺産登録を巡って、政府が、ユネスコへの拠出金停止の検討を始めた。

「白髪三千丈」ではないが、中国人は昔から言うことが大げさだ。

民族性でしょうか。ちなみに、「三千丈」は9キロだそうです。


だから、南京大虐殺の死者30万人も誇大な表現があるかもしれなません。

しかし、人間だれも、被った被害は大げさに、与えた加害は小さく言うものだ。

私はそんなに数に拘ることもないと思うのですがネエ。


しかし、政府はその数が気になる様子。

外務省が、意見書をユネスコに送ったという。

ところが、その意見書で、南京大虐殺がなかったと言う民間学者の論文を引用しているそうだ。


日本は、自分たちの加害を小さく言うどころか、なかったことにする気だろうか。

そうなると、中国のことを大げさだ、非科学的だと非難できない。

日中の学者の共同研究でも、日本側は、4.5万の虐殺は認めていた。


静岡県立大の剣持教授は、こうした日本政府の姿勢を批判。

ナチスによるユダヤ人虐殺を否定するのと同様の印象を世界に与えかねない」と指摘している。

まったくだと思う。

ノボタン 撮影 2015年11月
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユネスコの世界記憶遺産  <野牡丹> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる