山野草の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東はヨーロッパのごみ箱  <サクラソウ>

<<   作成日時 : 2015/12/31 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとう大晦日です。朝、庭の枯れ木やガラクタで焚き火。

最後に、炭火で焼き芋。その甘いの何の!! 

今年のスイーツの食べ納めでした。


さて、今年最大の事件は、中東からヨーロッパへの難民問題。

歴史で習った「ゲルマン民族の大移動」を思い出しました。

画像


その背景に中東の紛争、ISの存在、シリアの内戦があります。

しかし、根本問題はヨーロッパと中東の関係にあるように思います。

「中東はヨーロッパのごみ箱」と言われます。


中でも最大のごみが、「ユダヤ人」。

戦後、ユダヤ人の国家「イスラエル」が建国されました。

この、ユダヤ人の国家をなぜ「中東」につくったか。


その根拠は「紀元前」の歴史。モーゼやダビデやソロモン王が登場人物。

日本で言えば、邪馬台国の卑弥呼の生まれるより、さらに1000年以上昔。

縄文時代の歴史を根拠に、450万のパレスチナ人を追い出して作った国家がイスラエル。


無茶苦茶な話。こんな出鱈目が、よくもまかり通ったと、不思議です。


要するに、ヨーロッパの「悩みの種」だったユダヤ人を、屁理屈つけて中東に捨てた。

こうして、ヨーロッパは中東を「ごみ箱」扱いした上に、美味しいところだけは吸い取ってきた。

石油然り。低賃金の労働者としても、また然りです。


この戦後の「アラブとヨーロッパ」の関係。

ここにこそ、最大の原因があるのと違いますかねえ・・・・・・


それでは、皆さん良いお年を。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東はヨーロッパのごみ箱  <サクラソウ> 山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる