アクセスカウンタ

山野草の独り言

プロフィール

ブログ名
山野草の独り言
ブログ紹介
身の回りの山野草の写真。
暮らしの中で心に浮かんでは消えてゆくさまざまな思い。

6月の庭。

zoom RSS

瓢箪から駒

2019/06/25 18:03
トランプ大統領が面白い発言をし出したようですね。

「日本の船は日本が守れ」とか・・・。

「安保条約は不平等だから廃棄するべきだ」とか。


大いに結構なことです。

そもそも、アメリカ軍が本気で日本を守ってくれるとは思えません。

アメリカにとって必要な範囲で日本を守るくらいが関の山でしょう。


それも、もう止めたというなら、日本もアメリカへの基地の提供は即刻止めればいいのです。

イランとアメリカが戦争を始めたら大事です。

イランは大国です。


その大国の正規軍との戦争は、アメリカにとって日本との戦争以来のおお事。

どれほどの規模の戦争になるか、想像もできません。

アメリカが、日本の石油のために、多大な犠牲をしてまでホルムズ海峡を守るなど幻想でしょう。


ホルムズ海峡を通過して日本に運ばれる石油がストップするのは目に見えています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


限度額適用認定証

2019/06/24 20:30
勤務先の健康診断を忘れていました。

慌てて飛び出しましたが、女性の時間ですと断られて仕方なく午後に。

それにしても、健診を忘れるほどやることがあって幸せです。


毎日毎日忙しすぎます。

6月は目が回りそうでした。

その忙しさも27日にはほぼ片付きます。


MRIやペットの検査結果を受け、医師の診断が下ります。

どんな診断を下してくれるのか、考えると眠れそうにないので考えないことにしています。

明日のことは分かりません。


どうにでもなれとは思いませんが、どうにかなるだろうと思っています。

先走って考えても、癌はまだまだ未知の病ですね。

とりあえず、国保の限度額適用認定証を役所で発行してもらいました。


使わないで済めばラッキーですが、限度額が思ったより高いのが辛いところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年金問題

2019/06/23 10:57
逃走した男が横須賀で捕まりホッとしました。

それにしても、検察官や警察官が7人も雁首揃えて、逃げられるとは・・・。

役所も暇と言うか、間抜けと言うか、話になりませんね。


年金問題の国会論議にも呆れます。

年金の将来が心配なのは国民共通の認識。

それを、報告書を受け取らなかったり、不安を示す文言を消せば、


それで将来の年金問題が解決するのでしょうか。

選挙の前に問題がクローズアップされるのが困るという与党の損得がすべて。

あまりといえばあまりにも国民を愚弄する政府の対応です。


秋から導入される消費税の軽減税率も心配です。

「軽減税率」そのものが曖昧な上に、その仕組みがまた複雑。

盛んに、「対応レジ」の導入を宣伝し始めました。


今頃そんなことをはじめて間に合うのかな?

そこに、「消費税ポイント還元」が加わります。

小売店の経営者は頭を抱えることになりそうですね。


年寄りにも難しすぎますね。

ポイント還元には電子マネーが必要。

その一つ「PayPay(ペイペイ)」のコマーシャルなど、意味不明。


何の宣伝かしら?ゲーム?といったところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


攻撃10分前

2019/06/22 09:25
トランプはイラン攻撃10分前にストップさせたそうです。

一触即発。

世の中キナ臭くなりました。


わが安倍総理の外交努力は結実しませんでした。

わたしの思うに、どうも、訪問先をミスしたようですね。

本当に、ホルムズ海峡の安定を望むなら、アメリカに行くべきでしょう。


どうも、イランと戦争したがっているのはポンペオ国務長官やジョン・ボルトンといった文民統制派。

この人たちを説得しないと始まらない感じですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


料理は段取り

2019/06/21 20:39
カミさんの膝の調子で、料理がわたしに振られます。

朝食だけを考えればいい場合いと、3食の準備は段違いですね。

朝から晩まで料理のことを考えていないといけない。


気がついたら昼食忘れたり・・・・。

主婦の苦労がよく分かります。

今朝も気づいたら鶏肉を一枚腐らせて仕舞いました。


出来るだけ無駄なく、栄養のバランスが取れた、美味しい食事を朝昼晩。

これってなかなか難しい。

新米主夫には至難の業です。


そのためのポイントは段取り。

上手に買い物した食材を使って美味しい料理を続けて作れるとヤッターと思います。

明日は買出しです。


鶏肉、豚肉、牛肉、魚、干物、野菜も葉物、キノコ類、豆、瓜各種、根菜、海草、果物、漬物、練り物・・・。

安売りスーパーを巡って、まずは食材確保からスタートです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ゴミパンフ

2019/06/20 18:18
マンションの玄関に横浜市のゴミの仕分け方のパンフを置いておきました。

43戸のマンションに23部。

5年前、入居のとき全戸に配ったので23部もあれば良いかなと思いました。


最近、転出転入が多く、ゴミの仕分けがいささか乱れ気味。

横浜市の煩雑なゴミの仕分けに原因があるのだろう。

と思ってのパンフの配布です。


何と、今朝見たらすべてなくなっていました。

さっそく、されに15部追加しました。

居住者の皆さん、とても真面目で、協力的です。


きっと、仕分けの難しさに手を焼いていたのでしょう。

このパンフを活用してしっかり仕分けしてくれたら、管理人としてはラッキーです。

ますます、肉体労働が減って、「受付」の時間が増えそうです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


老人と梅

2019/06/19 05:14
兄は定年後農業学校で農業を勉強。

老後の夢はのんびりと趣味の野菜作りぐらいに考えていたようです。

ところが、どういう成り行きか「梅の栽培」を始めました。

画像

田舎の主力の梅種は「八房」といいます。梅が鈴なりです。


住んでいる故郷が梅の産地だったことも影響したようです。

そこに、料理好きの兄嫁が参戦。

兄の作った梅を加工販売し始めました。


梅干はもちろん、梅酢、梅ジャム、梅干ドレッシング・・・・。

しかも、完熟梅を使った手作りの梅加工に挑戦したのです。

とうとう、今年は「大石梅工房」を立ち上げる予定。


梅加工から販売サイトの立ち上げまで若い近在のお嫁さんたちが参加。

最近では観光で訪れた方が味に惚れて、北海道や海外からも引き合いが。

北京出身の中国語の女性教師までボランテアに。お客もスタッフもインターナショナルです。


じつは、梅農家は、農協が「収穫OK」」の知らせを出すと一斉に収穫を開始します。

結果、ほぼずべてが青梅です。

効率が良いし、傷んだり落果する梅も少なく、流通途中も管理しやすいからです。


それに対し、兄は毎日梅園を巡って色付いた梅だけを収穫。

手間は掛かるし、梅は傷みます。日当たりの悪い畑は6月末まで収穫予定。

「まとめて収穫すると加工が追いつかないので丁度いい」とのんびりです。

画像

漬ける直前の南高梅

収穫した梅を毎日奥さんが加工。

傷んだ梅はジャムにして一粒も無駄にしないよう工夫しています。

「梅酒用は青梅」という説はどちらかと言うと販売側の都合。


最高の梅干、最高の梅酒の香りを求めるならできるだけ熟した梅がベスト。

兄の家に入ったら、梅の香りでむせかえるほど。

それはそれはいい香りです。

画像

漬ける前に水で洗浄している八房(やつふさ)

今年はすでに1トン近く漬けたそうです。

画像

家の中は梅だらけ

20%の塩で一月ほど漬け、水で5時間塩出しして天日干しするそうです。

薄塩で漬けるとカビが出るので、濃い塩で漬け、塩出しすると教えてくれました。

『梅酢』は人気で、瓶詰めして出荷するとすぐ売れてしまうそうです。


『梅ジャム』も最近人気が出てきたそうです。

ドレッシングなどに使うようで、「焼津でよく売れる」と兄嫁の話。

昨年の製品はすでに完売。「需要に供給が追いつかない」のが現状。


兄の楽しみは、収穫量の統計資料の作成。

「○○の畑は今年何キロ」とエクセルの表に入力しながら一喜一憂です。

販売所からも毎日ネットで売り上げ実績の報告が届きます。


今回、傷んだ梅も貰ってきて梅ジャムにも挑戦しました。

熱湯で2分煮ます。そのまま一晩蓋をして置きます。

翌日、水を捨て、種を出し、果肉を裏ごしして砂糖30%を加えて完成です。


グツグツ煮るとエキスが逃げるそうですが、うっかりわたしは煮過ぎました。

少しエキスの逃げた梅ジャムが出来そうです。

自分で食べるなら裏ごしはしなくてもそれ程気にならないようです。


お土産に梅の醤油漬けを頂きました。

美味しい梅風味の醤油ドレッシングが出来るかな?

兄嫁の新しい挑戦だそうです。


実家にシソが沢山あったのでそれもゲット。

ついでにラッキョウ漬や梅酒まで貰って、収穫の多い旅でした。

父や母の位牌に久しぶりに線香も・・・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


驚き桃の木高齢者の免許更新

2019/06/15 20:21
ケアマネの娘に聞いた話です。

完全に認知症になった老人は判断能力ゼロ。

周りの声を無視して、免許返納を断固拒否。


たまたま、その老人が免許の更新に。

そこで、家族と相談したケアマネが運転試験場に更新しないよう要請しました。

その結果は、何と要請したにも拘らず免許が更新されてしまいました。


試験の結果がOKなら、家族や介護関係者の要請があっても免許の更新は拒否できない。

それが運転試験場の正式な回答だそうです。

これが現実です。


政府も行政機関もひたすら「自主返納」を待っています。

すべては「自己責任」です。

結局それが1番金がかからない、責任も伴わない、と言う無責任政治の成れの果て。


すべては巧言令色安部内閣の言うばっかりの言葉だけ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏と妻

2019/06/15 06:12
NHKの朝ドラ「なつぞら」の主人公はカミさんとほぼ同じ世代。

小学校1年生で終戦を迎えたカミさんにとっては、等身大のドラマです。

場面場面で、自分の人生と夏の人生が重なるようです。


小学校1年生で親元を離れ群馬の父の実家に疎開しました。

就職した時期も当然重なります。

松下電器に就職したカミさんはまったく新しい世界に触れます。


先輩のおごりで初めて食べた豚カツやステーキ。

お正月の挨拶に行った上司の家で食べた美味しいハムの味。

何もかもがはじめての体験です。


高度成長期の最先端を突っ走った松下電器も、アニメの世界もまさに時代の申し子です。

とうとう、妻が、そしてじきにわたしも「歴史」になるのでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイケヤサービス 2日目

2019/06/13 20:13
今日は、施設の職員二人が帰宅する妻と一緒に家庭訪問。

日頃の生活を確認に来てくれました。

いい機会だと思い、日頃の生活を紹介しました。


施設での今日のレクレーションは塗り絵。

妻が普段描いている絵手紙を見せました。

枇杷の絵や紫陽花の絵です。


目を丸くして驚いていました。

年寄りだって、ボーっと生きてはいません。

あまりにも子供だましのレクレーション。


妻もわたしも少し不満です。

年寄りも千差万別。

力にあったレクを準備するのは難しいのでしょうか。

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


高齢者対応スマホを

2019/06/12 17:09
スマホには不必要なアプリが沢山ある。

ゲーム関係のアプリなどまったく必要ない。

ところが、欲しくもないゲーム関連のアプリが最初から入っている。


こういう、余分なアプリをすべて排除して欲しい。

その分値段を安くし、使い勝手がよくなったら一石二鳥だ。

スマホ=ゲーム機と言う発想が高齢者を無視している。


3年縛りなどの契約を問題視している政府は、こうした面での改善も進めてほしい。

高齢者でも、ゲーム好きはもちろんいる。

ようは、欲しくもないアプリを最初から勝手に入れるのを止めさせて欲しい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


防衛庁お前もか

2019/06/11 16:56
まったく、どうなっているのか。

勤労統計のデタラメ。

外国人労働者を巡るデーターの改ざん。


出てくる数字やデーターが皆当てにならない。

まさに、日本の官僚機構のメルトダウンだ。

しかも、山口と秋田にイージス・アショアを配置するのは本当の意図がビックリ。


地図を見ると一目瞭然。

北朝鮮とハワイを結んだ線上に秋田。

北朝鮮とグアムを結んだ線上に山口。


ハワイとグアムを防衛するアメリカの都合がすべて。

もう、属国ですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


城南信金の羊羹

2019/06/10 13:55
誕生日が来ると毎年城南信金から案内が来ます。

年金の振込先を城南にしている預金者への御礼の粗品のお便りです。

幾つか選べますが、わたしは羊羹にしています。


少しぐらい年金を預けても、利息は一桁。

子どもの駄賃にもなりません。

ですから、毎年頂く誕生日のプレゼントは、利息の数十倍・・・。


あるいは数百倍の価値があります。

ご近所に城南信金があったら、年金の振込先は城南にすべきです。

それだけではありません。


城南信用金庫は、原発反対です。

じつは、その姿勢に感心して年金振込先を城南に変えました。

思わぬ副産物に、ニンマリです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


免許返納対策

2019/06/09 06:35
高齢ドライバーの「認知機能テスト」には問題があると思います。

じつは、「高齢運転支援サイト」などが存在します。

ここを覗くと、「テスト」の内容が一目瞭然。


友人の話では本番と中身が同じ模試もあるそうです。

ようは、形だけのテスト。

「講習」も形だけ。


問題があっても注意喚起だけで免許はそのままです。

名ばかりで中身は「ザル法」です。

こんなことでは事故がなくなるわけもなく、膨大な費用のムダです。


町の中をブレーキと間違えてアクセルを踏み続ける車が走っている・・・。

考えただけで恐怖を感じます。

よく横切る駐車場の出入り口の前に来ると、最近自然と体が見構えます。


一方で認知症ドライバーやそれに類するドライバーを野放しのまま。

そのくせ、マスコミのキャンペーンで高齢者の免許自主返納を促す。

政府や自治体のやっていることはチグハグです。


高齢者ドライバー対策と介護保険制度を一本化したらどうかと思います。

運転免許を取上げるなら、介護保険制度の認定をするべきです。

病院や商店街、スーパーへの送迎に財政的支援をして充実させるのも一案。


どうも、お金をかけず、高齢者の負担だけでことを済ませようとしているようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人口減少加速

2019/06/08 16:07
麻取締法違反の罪で起訴された元KAT-TUNのメンバーと愛人の女優が保釈されました。

テレビでは、速報が流れ、現場からは実況中継。

保釈されようがされまいが、わたしは全く興味ありません。


一方、「三本の矢」だ、「国難」だ、安倍晋三政権の「一丁目一番地」だ・・・。

あれだけ大騒ぎした少子化対策は全く成果を挙げていません。

それどころか悪化の一途です。


何と、明治31年の調査開始以来最低の出生数を記録。

出生率は3年連続低下し、人口減が40万人を越えました。

こちらのニュースはものの1分程度で終り。


人口40万人台の都市には大分、金沢、倉敷、町田、藤沢・・・・。

それぐらいの都市が1年で一つ消滅するほどの人口減です。

政府批判を忘れたマスコミのこの惨状に言葉もありません。


大麻に溺れたタレントが保釈されようが土下座しようが・・・、馬鹿馬鹿しい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイサービス

2019/06/07 05:10
デイサービス 男はみんな 仏頂面

初めてのデイを体験した妻の作った川柳です。

切り髪細工や貼り絵。


治療のため、ボケ防止と言われても男はどうも。

デイは、やることが女性中心に思えます。

そんな中、一人ダンスの知り合いにバッタリ。


「アラッ」とその男性の顔がパッと明るくなったそうです。

しかし、それも一瞬。

「何度か顔を合わせたけど、あとはずっと俯いて仏頂面だったわ」


無反応な男性陣に妻はどこか寂しそうです。


ダンス音楽でも流して、

「あのステップ覚えてます」

などと声を掛ければ、その方もきっと。


男が元気なのが、女性だって楽しいでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誕生日プレゼント

2019/06/06 05:49
今日は誕生日。

自分の誕生日など忘れている年が何度もあったが、さすがに今年は意識した。

と言うのも、ここ数日の様々な我が家の出来事があまりにも歳を意識させるからだ。


今日は妻の初のデイサービス通所日。

わたしは、脳のMRI検査日。

先日の肺ガンのCT検査の結果が悪かった。


3ミリほどの影が3つ肺で見つかった。

はてさて、女房が先か俺が先かと思わず考え込んでしまう。

3ミリや4ミリの小さな影で今日明日どうこうすることは全くない。


妻の膝もよくなって、昨日は一人で近所の医者に薬をもらいに4キロほど歩いたそうだ。

わたしも、ダンスの練習に汗をかいた。

とわ言いながら、待ったなしで老いは進み、その先も短くなる。


しかし、考えてみれば、死なない人間はいない。

癌は、それが可視化されているようなもの。

これも、見方によっては文明の進歩の恩恵だろう。


全く、文明と言うのもは、どんな進歩も両刃の剣だ。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


高齢ドライバー

2019/06/04 15:14
朝のニュースに歩道を走る2台の車が登場。

運転手は60代の男と女だといいます。

そのタイトルが「またまた高齢ドライバーが」とあります。


定年を70歳に引き上げるとか何とか論議しているときに、

60代を高齢扱いして良いのかと疑問を感じます。

世の中のタクシー運転手の60代以上が皆退職したらどうなるか。


60代の農民が皆運転免許を返納したらどうなるか。

一方で働けといい、もう一方では免許を返納しろ、運転するなと大騒ぎ。

わたしは昨今のマスコミの高齢者叩きを早くやめるべきだと思います。


こうしたキャンペーンが返って高齢者の自信を傷つけ、

事故を誘発しているのではないかとさえ思います。

高齢者の事故が増えているといっても、運転手に占める高齢者の割合がうなぎ上り。


そこを考慮しない論議は意味がありません。

歩道を走っている今朝のような事案は、歩道の入口に杭を一本立てれば防げます。

高齢者の活躍を期待するなら、


高齢者が安心して働き、運転できる環境を整えることこそ政府が進めるべきこと。

高齢者社会を目前にしながら、無為無策に来た政治や社会の責任は重大です。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


枇杷

2019/06/03 13:52
枇杷が色付く季節を迎えました。

あちこちに結構たくさん枇杷の木はありますが、最近食べる人は減りましたね。

若い人たちは、あまり枇杷に興味を持たないようです。


わたしも、種ばっかりで果肉の少ない枇杷は買って食べる気になりません。

それが、ここ数年よく食べます。

枇杷ジャムを作るようになったことがきっかけでした。


枇杷は甘いだけで酸味が足りないと思っていました。

しかし、完熟した枇杷は甘味・酸味ともジャムにピッタリ。

痛みやすい枇杷の保存方法としてはうってつけです。


皆さん、是非、枇杷ジャムに挑戦してみては如何ですか。

ただし、お店の枇杷はジャムに向きません。

完熟前に収穫するようで、甘味も酸味も中途半端で、美味しくありません。


お日様をたっぷり受けた路地のほったらかしの枇杷が1番。

わたしは、近くの土手で手に入れます。

もちろん、無料。


競争相手は烏だけです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妻の俳句

2019/06/02 06:59
5月26日東京新聞の俳句に妻が選ばれました。

明治150年女は土俵に上がれない

はじめて選に入りうれしそうでした。


足を痛め、外出もなかなかままならない妻にとっては俳句は心のよりどころ。

俳句を続けていてよかったと思います。

これからも頑張って作句に励んでもらいたいと思います。


老後、体が不自由になったとき、こうした楽しみがあることは大切。

どうぞ皆さんも、60の手習い、70の手習いでも遅くありません。

是非挑戦してください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豆ご飯

2019/05/31 19:47
大好きな豆ご飯を簡単に作る方法を知りました。

100円もしない塩豆をスーパーで購入。

お米の上に昆布を載せてご飯を炊きます。


焚きあがったら、塩豆とご飯を混ぜて完成。

豆ご飯の好きな方は試してみてください。

2合のご飯で塩豆一袋です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


酷すぎます

2019/05/30 04:43
登戸の事件は、あまりにも酷すぎます。

事件を伝えるテレビを見る気にもなれません。

それでも、会う人会う人からその話が出て、聞くに堪えません。


自分の孫がもしもあんな目に遇ったらと考えたら・・・。

生きる気力さえ失いそうです。

亡くなった方々のご冥福をただただ祈るのみです。


諸外国では、日常的に子ども達や普通の市民がテロや爆撃に晒されています。

平和の尊さを思わずにはいられません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心配

2019/05/28 17:26
先日、郵便局から電話がありました。

わたしの名前の小包があるが、住所が「天神町」になっている。

「送り主は、○○○、となっていますが、知り合いでは」と言う親切な問い合わせだった。


送り主の名前は姉と同じ。

毎年、この時期、新茶を贈ってくれる。

おまけに、「天神町」は田舎にある住所。


「お茶ですかねえ、たぶん、わたしの姉からの荷物」と返事しまた。

おかげで、無事新茶が手元に届きました。

さっそく、お礼と、住所の間違えを姉に連絡。


どうも、知り合いの住所と混同したらしい。

そんなことがあって、翌日二番目の姉から留守電が入っていました。

その内容がどうも怪しい。


「姉さんは携帯を持っていないからメールを送っても届きませんよ」

そんな内容の留守電でした。

そもそも、携帯どころか、メールアドレスもない姉に、メールを送るわけがない。


わたしは少し心配になって、姪や甥に連絡しました。

兄姉が次々80歳を迎えている。

老いはなかなか手ごわそうだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キーセン外交

2019/05/27 07:03
ゴルフ・相撲・炉辺焼き

安倍首相のトランプへの「キーセン外交」には恐れ入った。

その目的は・・・?


参議院選挙後の日本の大幅譲歩」とトランプがツイッターに。

どうも、安倍さん、「選挙が済むまで内緒にしてくれ」と、それがキーセン外交の目的?

何が何だか分かりません。


アメリカの支援で始まった戦後日本の学校給食。

その学校給食を子ども達がどう感じていたか・・・?

カミさんが子どもの頃歌った歌を教えてくれました。


嫌じゃありませんか 進駐軍

鉄の茶わんに 鉄の箸

お釈迦様でも あるまいに

一膳メシとは 情けない


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「日本維新の会」って・・・、こんな人ばっか?

2019/05/26 10:10
 明治150年女は土俵に上れない

カミさんの投句が東京新聞の26日付け「小澤 實 選」に掲載されました。

これで、カミさんも立派な俳人です。


さて、また情けない話です。

長谷川氏は今年2月、東京都内で講演し、江戸時代の被差別民について、身分を示す差別的な呼称で取り上げ「人間以下と設定された人たちも、性欲などがあります。当然、乱暴なども働きます」と指摘。被差別民が集団で女性や子どもに暴行しようとした時、侍は刀で守ったという話をした。

日本維新の会公認で立候補する予定の長谷川豊氏の発言です。


江戸時代の部落史に詳しい寺木伸明・桃山学院大名誉教授の話 

長谷川氏の話を裏付ける資料は全く見たことがない。犯罪は身分とは関係なく起こっていた。


まだこんな人がいて、こんな発言で票を稼げると思っている。

情けない話です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマゾンと商店街

2019/05/24 15:19
日本の地商店街が悲鳴を上げています。

アマゾン筆頭に通販大手に何もかも奪われて、青息吐息。

コンビニやスーパーにお客を奪われ、今度は通販大手にやられ。


日本の商店街の最期が近づいてきたような昨今の状況です。

日用雑貨や衣類、飲み物、食べ物から本や家電製品まで。

値段でも、品揃えでも、商店街は太刀打ちできませんね。


その結果、地元の商店街が壊滅していいのでしょうか。

早く手を打たないと、わたしはマズイと思います。

今日は魚屋さんで鯵を買って来ました。


鯵の天麩羅でも食べます。

ついでに、インゲンとゴボウも揚げようかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アメリカと中国

2019/05/23 15:47
わたしの家のテレビは東芝ですが、中国製です。

昔は外国で買ったお土産がメイドインジャパンだったりした時代もありました。

それが今やほぼ外国産。


その外国産の大部分が中国製。

世界の工場になった中国は、同時に14億の市場。

人口はヨーロッパとアメリカと日本を合計したより大きな市場です。


どう考えても、14億はいつかアメリカを凌駕します。

その時、世界はどうなるのでしょうか。

米中の激突が、どんな形で、どんな経過を辿りながら、どんな結末を生むのか。


これからの数十年の最大の国際問題になるのかなと思います。

政治的にも、軍事的にも、経済的にも、科学や技術進歩の上でも・・・。

最後を決めるのは何でしょうか。


わたしは、国家のシステムだと思います。

どちらがより進歩した国家をつくることが出来るか。

それは、トランプのアメリカでも、習近平の中国でもないでしょう。


AIの驚異的な進歩が実現し、ロボットが大活躍し、比較にならない高速の通信技術が世界を巡り、

自動運転の車が街を走り回り、平均寿命が100歳を越え・・・。

そんな時代がもうすぐそこに来ている。


その時代の新しい政治や社会のシステムがそろそろ求められている・・・。

そんな時代の先触れとしての米中覇権争いかな・・・?



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『奪回防衛実効支配』

2019/05/22 05:19
丸山穂高衆院議員が北方領土問題の解決手段として「戦争で」と発言した問題。

高須クリニックの高須克弥院長はこの丸山発言に対して・・・・。

「北方四島は日本領なんだから『奪回防衛実効支配』と表現すべきですね」


わたしはこの高須院長の発言を聞いて、「大本営」を思い出しました。

「敗北」を「転戦」、「植民地」は「共栄圏」、「遺骨」は「英霊」・・・・と言った調子。

『奪回防衛実効支配』と言い換えたって戦争は戦争です。


この手の人間がまた増えてきたのかな。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


世代での括り

2019/05/21 05:22
高齢ドライバーの免許返納にはどうも納得できません。

そもそも、「高齢」と言う括り方がおかしいでしょう。

高齢者もピンキリです。


寝たっきりの70歳もあれば、元気一杯の80歳もいます。

高齢になると、若い頃より個人差が大きくなると思いませんか。

「お肌」の個人差を見れば分かります。


TVのコマーシャルでも、「この方何歳に見えますか」とかいう宣伝です。

『40歳』と思ったら、実年齢が70歳だったりして・・・・。

こうした個人差は「肌」だけではないでしょう。


認知能力でも、反射神経でも、年齢だけでは括れないはず。

もちろん、年齢とともに能力は衰えます。

それでも、若い世代に負けない能力の方もたくさんいます。


ダンスの競技会でも、60.70の高齢者がが40代、50代に伍して活躍しています。


日本の農業は65歳以上が支えています。

仮に65歳以上がみんな免許を返納したら、農村はあっという間に崩壊します。

80代でも、トラクターを運転している農民はざらでしょう。


ブレーキとアクセルの踏み間違えは20代が1番多いそうです。

しかし、20代は反射神経がいいから、すぐ踏み直して大事に至りません。

無謀運転は20代の方が多いでしょう。


だからといって、20代に免許の返納を求めはしません。

ようは、反射神経が鈍く、判断力の衰えた人は運転しないことです。

高齢者・高齢者と十把一絡げに変な押付けはしないで欲しいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


烏骨鶏

2019/05/20 04:55
友人から烏骨鶏の雛が3羽孵ったとメールがありました。

いろいろ育てましたが、雛を孵化した経験はありません。

メダカでもうれしいのですから、ひよこはさぞ感動ものと思います。


農家に生まれましたから、子牛が生まれたことは何度もあります。

手を牛乳に浸し子牛の口に入れて乳を飲ませるのは子ども達の仕事でした。

中学生の時には友人にウサギの番をもらい、ウサギの繁殖にも挑戦しました。


可愛らしいウサギの赤ちゃんが10匹も20匹も生まれたことも。

ウサギをの肉は草臭くて少し鼻につきましたが、ニンニクの芽を入れて臭みを消すと美味しかったです。

鶏も飼っていましたが、ヒナは専門業者から購入していました。


屋台で売っているオスヒナと違いメスヒナは高価です。

そんなヒナを何度も失った経験があります。

一度は小さな穴から侵入したネズミに大量に奪われたました。


産卵ゲージに入れる寸前まで育ったヒナを野良猫に襲われたこともあります。

父の怒りは、恐ろしいほどで、罠を仕掛けて野良猫を即仕留めました。

青大将もヒナの難敵。


大人に育ち、自分で自分の身を守れるようになるまで、万全の注意が必要です。

友人の3羽のヒナが無事育ち、美味しい烏骨鶏を食べられる日を楽しみにしています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

山野草の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる