参院選分析

今度の選挙の1番の出来事は「れいは新撰組」の躍進でしょうか。

その得票の半分は共産党から流れたようですね。

この結果に共産党がどう反応するか。


次は旧民進党はほぼ立憲民主党に流れたことです。

国民が消えてなくなるのは時間の問題でしょう。

他の政党はほぼ変らず。


立憲は自民の対抗勢力としての力を築けるかどうか。

「れいは新撰組」の今後は相応しい組織を作れるかどうか。

共産党は若者に受け入れられる党に変身できるかどうか。


それがわたしの感想です。

皆さんはどう感じましたか? 



吉本興業とジャニーズ事務所

俳優やタレントはやっぱり自分達で自分達を守る組織を作らないといけませんね。

コンビニのオーナーさんたちも同じです。

それがないと個人では大きな組織に負けてしまうのでしょう。


マスコミの責任も重大です。

吉本興業やジャニーズ事務所が怖くてまともに批判できず、追従してきたのでしょう。

吉本興業の社長が「タレントファースト」とはトランプの「アメリカファースト」と同じ。


社長に都合のいいタレントを優先するということでしょう。

歯切れの悪い、護身溢れる、涙ながらの記者会見で終わりにしてはいけませんね。

スポーツ界のボス退治は、結局中途半端に終わりました。


興業界が同じ轍を踏まないよう、世論の監視が大切ですね。

防犯カメラ

最近、防犯カメラの威力に驚きます。

犯罪者の逮捕では、圧倒的に防犯カメラの力を感じます。

抑止効果も絶大です。


うっかり立ち小便も出来ません。

犯罪件数が戦後最低になったのも防犯カメラのおかげでしょうか。

もっと増やせば、犯罪はもっと少なくなりそうです。


しかし、問題はそう単純でもないようです。

近所の子どもが壁伝いにマンションに入っていきました。

何してるのか聞いたら、防犯カメラに映らないようにしているそうです。


そもそも、防犯カメラなど必要ない世の中が本当に安全な社会です。

いたるところに張り巡らされた防犯カメラで安全が守られる社会はやっぱり異常です。

わたしは、管理室のカメラのモニターのスイッチをOFFにしました。


エレベーターの中、出入り口、駐車場などなどを一日中映すカメラはプライバシー侵害ですね。

マンションにお住まいの皆さん、スイッチは切った方がいいですよ。

必要なときは録画を見れば済むことですから。


管理人あるいは管理を委託した管理会社に要望したらすぐ出来ます。

理事会での検討をお奨めします。

市長からの照会書

区役所戸籍係から不思議なハガキが妻に届きました。

最近、裁判所や検察庁を装った詐欺ハガキが横行しています。

このハガキもそんな詐欺ハガキかなと思いました。

hagaki.jpg

豆粒のような文字でびっしりです。

個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書  と頭にあります。

市長からのハガキでした。


横浜市長宛てに回答書への署名を求めています。

個人番号カード交付申請及び電子証明書発行申請は、私の意思により申請したものに相違ありません。

と言う文面の後に住所氏名を署名押印するように求めています。


さらに ①署名用電子証明書暗証番号 ②利用者証明用電子証明書暗証番号 ③住民基本台帳用暗証番号 ④券面事項入力補助用暗証番号

以上4種類の暗証番号を記入することを求めています。


こんな手の込んだやり方をしてまで個人番号カードを作らせようとしているのでしょう。

本当に妻が申請したなら、こんな照会書や同意書を求める必要はないでしょう。

申請もしていない人に、申請したと署名させるなら、それは立派な詐欺行為です。


それに、カード1枚作るのに4種類の暗証番号を作らせるなど、どうかしています。

高齢者がこんあ訳もわからないままカードを作らされ、悪用されたら、政府や行政は責任を取ってくれるのでしょうか。

マイナンバーは無くすしかないですね。


顔写真識別機能を持ったITロボットの開発。

世の中に溢れる防犯カメラや車載カメラ。

消費税増税、軽減税率導入を契機に急速に加速する電子マネー。


個々人の経済活動までビックデーターとして収集・管理されようとしています。

これらのデーターがマイナンバーによって個人と結び付けられたら、もうはや、プライバシーはないでしょう。




0

年下の夫

昨日は不在者投票で区役所に行きました。

ついでに、いくつか届けも済ませました。

「息子さんですか」と受付の男性がわたしを息子と間違えました。


「アハハ」とカミさんが笑ったので間違えに気がついた様子。

「申しわけありません」と平謝りです。

「別に」よくあることで、こちらはいつものことです。


しかし、すこし気分が悪くなりました。

じつは、最近、年上の妻を「そんなにお金持ちなの」とある女性に言われました。

はじめは何のことか分かりませんでした。


しばらくして、お金持ちだから女房が年上なのに結婚したと思われたことが分かりました。

その夜、家に帰って、昔、変なことがあったのを思い出しました。

45.6歳の頃です。


勤務先は賃金が低く、残業で食っているような会社でした。

ところが、わたしは57歳からカミさんが年金をもらい出しました。

おかげで、残業などしなくても何とか食っていけました。


それで、ほぼ定時で帰りました。

みんなが喜んで残業をする会社には珍しい存在だったようです。

あるとき、「君の女房は金があるのか」とあまり話したこともない先輩に尋ねられました。


年金を貰っていたので「はい」と何も考えず返事しました。

しばらくして、「あいつの女房は金持ちだ」と変なところで噂が立ちました。

「バカを言え、俺の実家の方がよっぽどある。村1番の豪農だ」


と、わたしはふざけて答えましたが、そんな変な噂が、どうして立ったのか不思議でした。

最近、自分が金に目が眩んで年上の女房をもらったと思われていたのではと思えてきました。

それで、「年下の夫」と見られると、すこし嫌な気分になります。


知り合いの皆さんの中に、そんな風に思っていた方がいるのではと心配になりました。

誤解ですから、もしそんな考えを持っていたら改めてください。

確かに、女房はよく稼いでくれました。


結婚した頃の給料はわたしのほぼ倍。

28のとき、妻が退職したときは、わたしの5割り増しの給料でした。

本気で、俺が辞めた方が家計にはいいと考えました。


しかし、それもこれも、二人が協力しながら共働きしての収入です。

それを「金持ちの女房」とは言いませんよね。

ようやく梅雨の晴れ間です

久しぶりの日差しに窓を全部開けて風を通しています。

家の中がかび臭くて気分がよくありませんでした。

少しはよくなるでしょうか。


選挙の投票も済ませてきました。

投票所はガラガラでした。

なんだか心配です。


棄権は白紙委任と同じです。

皆さん、必ず行きましょう。


黒メダカが沢山孵化しました。

梅雨の雨の中、メダカたちの子孫を残す営みはずっと続けられていたのです。

偉いナーと思います。


水の中のメダカには雨は関係ないか。

参院選 特定枠

この参院選から比例代表で、政党が事前に定めた優先順位によって、当選できる候補者が決まる「特定枠」ができました。


特定枠は、「全国的な支持基盤を有するとはいえないが国政上有為な人材あるいは民意を媒介する政党がその役割を果たす上で必要な人材が当選しやすくなる」(総務省資料より)だそうです。


自民党が主導して成立させました。

真意は「選挙区が統合された合区で立候補できない現職」を救済する制度だそうです。

特定枠を利用したのは、自民党(2人)、れいわ(2人)、労働者党(1人)。

最初から合区のところで当選するということを前提に自民党が得する制度。

それを「れいわ」が利用し、重度障害のある女性と難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の男性を擁立。

他の野党が制度を無視する中、「れいわ」は「特定枠」の利用手立てを考案、当選可能プランを構築。

代表山本太郎の当選を最優先しないその政治姿勢が、カッコいいですね。

他の野党も、党首がこれぐらいの気概を示してもらいたいです。

キュウリ1本100円

先週、40円だったキュウリが昨日100円です。

折角キュウリのからし漬けをはじめたのに、高騰に出鼻をくじかれました。

助かったのはサンマです。


今年はもう店頭に並び、一匹150円。

脂がのって美味しいサンマです。

今夜は焼肉に山芋をかけてみます。


コマーシャルで女の子が美味しそうに食べている真似です。

奥さんは夜は肉を食べません。

冷凍ギョーザで我慢してもらいます。


僕も新米主夫で、2通りものメニューは無理です。

栄養のバランス、値段、冷蔵庫の残り物、頭がパニック寸前です。



れいわ新撰組

政治団体「れいわ新選組」1.1%(今回から選択肢に追加)

東京新聞に参院選の有権者動向を探る全国電話世論調査(第二回トレンド調査)が載っていました。

山本太郎率いる「れいわ新選組」が1.1%とは驚きです。


国民民主党2・5%、社民党が0.8%と比べても立派なものです。

5月に結成されたんですかねえ。

竹馬の友がいろいろ言ってましたが騒ぎすぎだと思っていました。


さっそく「れいわ新選組」のホームページを開いてみました。

新橋のSL広場での街頭演説会の動画があったので見てみました。

「日本はどこまで紅涙(こうるい)の沖縄を踏みつけにすれば気がすむのか」


いきなり創価学会員の候補者が登場して池田大作の随筆を読み上げたので驚きました。

演説に立つ人がほとんど現場の人のようでした。

筋萎縮症の車椅子の患者だったり、セブンイレブンのオーナーで死ぬ思いをした人だったり。


さらに見ていったら、明らかに男の声の女性が登場しました。

性的マイノリティーで最近名前を歩(あゆむ)から歩(あゆみ)に変えた東大教授でした。

知っていたのは元東電社員の蓮池透さんだけでした。


最後に山本太郎が登場しました。

「IMF国際通貨基金の20年間の名目GDPの伸び率、戦争紛争やっていない国々140カ国以上のデータで見たときに、その最下位、最も成長しなかった国はどこですか? 日本ですよ」

僕はそんなことすら知らなかったのでビックリしました。


それ以上にビックリしたのが「特定枠」です。

れいわ新撰組は「特定枠」に車椅子の障害者2名を入れたそうです。

特定枠の候補が優先して当選するので山本たろうは3番目だそうです。


こんな政党党首は他にいませんね。

「ダイヤモンドから紙オムツまで、同じ税制なんて、ありえないだろ!! 」

さすがに演説が上手い。

どこまで伸びるのか気になりだしました。



タワーマンション

東京・中央区がタワーマンションの建設を制限したそうです。

都内では初めてだそうです。

初めてと聞いて驚きました。


東京の都心と城南、湾岸エリア、川崎市の武蔵小杉駅前。

こうした地域はタワーマンションの建設ラッシュで人口が急増。

最寄り駅は押し寄せる通勤客で溢れ、小学校はマンモス化。


運動会を2日に別けてやるとか・・・。

幼稚園も保育園も不足。

それでも自治体はマンションの建設規制緩和を継続しています。


これが馬鹿げたことであることをようやく住民も行政も気が付き始めたのかな?

都心では賃貸住宅の空室率が20%を超えている地域も。

日本中ではもっと悲惨です。


いたるところに空き家が放置されています。

投資目的で買った人はあわてているそうです。

バブルはいつか弾けます。


今回のバブルも例外ではなかったようですね。

スープ

最近、スープを2つ覚えました。

1つは梅干を使った野菜スープ。

1つは春雨を使った中華風スープ。


なんだか、料理の幅がグッと広くなったような気がしました。

カミさんも美味しいと誉めてくれました。

春雨を使った中華風スープにギョーザを入れてみます。


からしとウコンを使ったキューリの漬物も作りました。

美味しいです。

70の手習いも本格的になってきました。

介護保険

介護保険の保険料が決ったと役所から書類が来ました。

年金額も変らないのに3000円も保険料が上がったとカミさんはお冠です。

その仕組みが、書いてある書類を見て驚きました。


横浜市は年金額が年18万以上の人から特別徴収するそうです。

年金が年18万といえば、月額1万5000円です。

そんな人からまでさらに保険料を増やす、恐るべき悪政です。


まるで、搾り取るだけ搾り取った江戸時代の悪代官そのままです。

参考に

マイクロソフトの創業者・ビル・ゲイツはインタビューで、「100億ドルを超える税金を納めてきた。これは他の誰よりも多い額だ。だが米国政府は私のような立場にある人々に対し相当に高額な税金を課すべきだ」と述べた。

米著名投資家ジョージ・ソロス氏など19人の米大富豪は24日、2020年の米大統領選候補者宛ての公開書簡を公表し「米国は道徳、倫理、経済的に我々の資産へ課税する責任がある」とし、自ら大富豪への増税を訴えた。

書簡は「新たな税収は、中低所得層ではなく金銭的に最も恵まれた層から徴収されるべきだ」とし、保有資産で上位0.1%の超富裕層の資産に対する課税を要請した。書簡は、米国では保有資産で上位0.1%の層が下位90%と同等の富を所有していると指摘し、超富裕層税の導入で経済成長の促進、気候変動対策や公共衛生の改善、公平な機会創出につながると主張している。

SF 近未来の日本

最近、よく夢を見ます。

昨夜も見ました。

2050年の日本の夢です。


もし生きていたら100歳です。

高校を卒業した田舎の青年が美貌の女性に誘惑されます。

青年の両親は拉致誘拐監禁事件として警察に捜査を依頼します。


しかし、事件は意外な展開をします。

発見された青年は監禁を否定。すべて合意の上と告訴を拒否。

事件は単なる親子のいざこざとして結着。


2050年の日本は急速な人口の減少に見舞われています。

原因は政府の対策が後手に回ったことにあります。

しかし、それだけではありませんでした。


新たな人口減少の要因として環境ホルモンの影響が浮上します。

環境ホルモンによって男性機能が破壊されます。

精子の減少、勃起不全、男女比の不均衡。


そんな中で、健全な精子を求め女たちの戦いが起こります。

当時の首相矢部も大変です。

人口減少を国難、民族の危機と矢部首相が立ち上がります


男女20名の若手エリート官僚達を結集し、国の存亡をかけた闘いです。

闘いがこれからと言うとき目が覚めました。

日韓関係

韓国は不買運動。

日本は政府の対韓貿易規制に60%近くが賛成。

両国の不信がヒートアップしています。


こういうことになると、国民の感情は祖国愛に一気に傾きます。

普段は仲良くしていても、急に不仲になったりして。

国家も宗教も似ています。


尖閣列島で中国の艦船が領海侵犯したとか大騒ぎしたことがありました。

あの時も確か選挙のさなか。

あれで勝って、美味しい味を覚えたのかな、と思います。


わたしは安倍首相の選挙対策がたぶんにあると思います。

だから、冷静になることが大切ですね。

エアコン

今日、エアコンを掃除してもらいました。

カミさんの部屋のエアコンは購入して五年。

はじめての掃除でした。


「その割りに綺麗でしたよ」と業者が言っていました。

それでも、掃除してもらってホッとしました。

エアコンの中がカビだらけでは空気を汚すようなものですから。


これで安心してクーラーが使えます。

でも、今朝は最低気温が18度。

エアコンどころか、コタツが欲しくなる梅雨冷え。


皆さん、体調にご注意下さい。

七夕

昨日は「七夕ダンスパーティー」でした。

久しぶりに教室の仲間と踊りました。

パーティーでしか会えない人もいて、話も弾みました。


新しい方も参加していて、また知り合いも増えました。

年に2.3回のパーティーですが、楽しい時間です。

ダンスを習ってよかったなとつくづく思います。


いつまで踊れるか分かりませんが、動ける限り踊りたいと思います。

『芸は身を助ける』ですね。

皆さんも是非やってください。
0

薬価

抗がん剤は高額です。

たぶんそのうち処方されるタグリッソは一ヶ月72万円もします。

高額医療費支払限度額のおかげで実際の支払は減ります。


それでも、毎月ですから大変です。

70歳になると支払い限度額がされに減ります。

国保料金が高くて不満でしたが、抗がん剤の値段を考えると複雑です。


それにしても薬価は高いですね。

一度の手術代が100万円でしたから、1ヶ月の薬代72万は驚きです。

どうしてこんな値段になるのかと思います。


 抗がん剤の値段

参院選挙

掲示板に候補者のポスターが貼られて、選挙の告示を知りました。

アメリカの大統領選の方が大きく報じられているような気もします。

それも、アメリカの属国らしいかな、とも思えます。


安倍政治はうんざりですが、それに代わる政治が見えてきません。

生まれては消える泡沫のようなたくさんの野党。

唯一変らない共産党は古色蒼然。前世紀の遺物のようで、変らな過ぎです。


ほどほど信頼でき、適当に時流を捉え、勝てそうな力を持ち・・・。

そんな野党はなかなかないのかなあと思えてなりません。

お前

「お前」は親しいもの同士ならいいようです。

でも、中日は、歌詞に「お前」があるからと何十年も歌っていた応援歌を歌わないことにしたそうです。

なんだか、言葉狩りのようで、嫌な話だと思いました。


男が女に「お前」と使うのはセクハラだそうです。

80%以上の女性が不快感を感じるそうです。

わたしは全然感じません。


わたしは、年上でも、年下でも。男でも、女でも、「お前」は親しい人にしか使いません。

だから、わたしは、わたしを「お前」と呼んでくれたら、友人だと思います。

「先生」と呼ばれるほうがよっぽど嫌です。


昔、職場に私のことを先生と呼ぶ先輩がいました。

わたしは、彼のことを尊敬していましたが、彼はわたしをバカにしていたようです。

きっと自分に落ち度があるのだろうと諦めました。


自分では、親しみをこめて呼んだつもりが、相手に不快感を与えたら、やっぱり不味いですね。

気をつけないといけないけど、住み辛い世の中だとも思います。

だから、すごく不自由を感じます。


人それぞれなんですかねえ?

皆さんはどう思います?
0

嘘か本当か?

トランプ米大統領は29日、日米安全保障条約について「不公平な条約だ」と不満を表明。

安倍首相に対し、条約の「片務性を変える必要がある」と再三伝えたことを明らかにした。

一方、菅長官は日米政府間では安保条約見直しといった話は一切ない。


「米国との間でも確認している」と強調した。

トランプが嘘をついているのか?

菅が嘘をついているのか?


はっきりしてもらわないと何がなんだか分かりません。

いずれにしても、どちらかが嘘つきなのは明らかです。

トランプ大統領の発言は、大統領当選前からの彼の持論。


今さら隠す必要もないことです。

一方、安倍首相の方は、漏れたら困る内容。

どちらが嘘つきか、状況証拠的には、安倍が黒かな。

吉本興業

プロ野球選手とか芸人とか、売れないこの手の人たちの生活は大変ですね。

女子のプロサッカー選手などはレギュラーになっても生活は大変。

それで食えるのは一部のトップ選手だけだそうです。


それが、こうした職業のプロを目指す人たちの宿命なのでしょう。

しかし、吉本興業のように沢山の売れっ子芸人を抱えた会社にはそれなりの責任があるのでは、と思います。

結構ピンハネしていると聞きます。


売れない芸人の生活はどうでもいいのかな。

最低賃金は雇用労働者だけに適用されます。

コンビニの店主も労働者でない事を理由に団体交渉さえ拒まれています。


闇営業を叩くのは簡単です。

宮迫のような売れっ子が、ヤクザの相手はまずいでしょう。

でも、生活に汲々とした売れない芸人達を謹慎処分にするだけでは・・・。


吉本興業の責任が問われるのではないでしょうか。

問われないとしたら、法の抜け穴を感じます。

安倍首相は、結構吉本興業と仲良かったようですね。

熱帯夜

梅の実の 一つ転がる 通学路

我が家をすこし下ると、左右に梅や柚子や夏みかんや杏の木のトンネルがあります。

そのすこし先が中学校。


奥さんの作った俳句は、軽妙です。

景も捉え、季節も感じさせ、さすがに俳人だと感心しました。



昨夜は熱帯夜を思わせる暑さと湿度。

窓を開け、扇風機を持ち出し、パンツとシャツのあられもない姿で寝ました。

ふと気がつくと、やけに冷たい風が吹き込み、いつの間にか、あたりは梅雨寒に一変。


こうも寒暖の差が大きいと油断も隙もありません。

気をつけないと風邪を引きます。

風邪どころか、低体温症で死にます。


皆さん、気をつけましょう。

環境ホルモン

最近TVで防水スプレーの危険性について報じていました。

密室でまとめて靴に防水スプレーを使って生死をさ迷った方がいるそうです。

しかし、問題はそんなことに止まらないようです。


じつは、男性の精子の数が40年で半減したそうです。

2億個の精子が1億個に減ってもほとんど何の影響もないそうです。

受精には、一つの卵子に一つの精子があればOKですから。


1億個が5000万に減ると少しずつ影響が出始めます。

5000万が2500万に減るとたいへんです。

その原因も、その現れ方も温暖化と同じです。


弁証法に云う「量から質への転化」です。

このまま行くと人類は絶滅危惧種になるだろうと科学者が警告を発したそうです。

しかし、社会はまったく無視。


世の中には環境ホルモンの原因となる石油製品・プラスチックが溢れています。

プラスチックを硬くしたり、柔らかくしたり、伸ばしたり曲げたりする添加剤に環境ホルモンが含まれているそうです。

防水スプレー、消臭スプレー、芳香剤、柔軟剤・・・・。


すべてに石油製品が使われ、環境ホルモンを撒き散らしているそうです。

この環境ホルモンは、子どもが母親の胎内にいるとき悪さをするそうです。

妊娠8週目ごろ、男性の精巣や性器が形作られるとき悪影響を及ぼすそうです。


その結果、精子の数だけでなく、男性の性機能全般が劣化するそうです。

短小なペニス、勃起不全などなど。

さらに深刻なことは、それが遺伝的な欠陥として子孫に遺伝するというのです。


嗜好品のタバコですら社会はまだその製造使用を禁止できません。

プラスチックは暮らしになくてはならないものです。

スパーのレジ袋を無くすので大騒ぎ、なくすことはなかなか大変です。


石油メーカーは巨大です。

タバコ産業の比ではありません。

その力を持ってすればマスコミも政府も押さえ込むことができます。


「人類は絶滅危惧種になるだろう」

科学者の警告を皆さん、無視しますか?

呼吸器内科

長いことお世話になった呼吸器外科部長から内科に担当医が変更になりました。

明日からさっそく抗がん剤かと心配していましたが、そうはなりませんでした。

100人に1人は死ぬこともくある薬。


何の症状も出ていないのに飲むのはリスクが高すぎるとのこと。

喜んでいいのか、悲しんでいいのか分かりませんが、とりあえず執行猶予付きの判決です。

癌が2センチ前後になったら、進行度を考慮して投与しましょうとの事でした。


このまま癌が成長しないで欲しいと思いますが、そうもいかないでしょう。

新しい薬も開発されていました。

今度は「タグリッソ」と言う名のEGFRチロシンキナーぜ阻害剤を飲むことになるそうです。


少しでもこの薬のお世話になることを先延ばしし・・・・。

少しでもこの薬が長く効力を維持してくれることを期待し。

明日からまた今まで通りの暮らしを送ることが出来そうです。


「目標は喜寿の祝いぐらいはどうですか」と聞いたら。

「いいですねえ」と先生が笑っていました。




利用者さん

毎週、同行援護でご一緒する利用者さんと馬が合います。

広告代理店でディレクターをしていた方です。

転倒した際眼鏡の破片で視神経を切断。


その怪我で晩年、突然全盲になったそうです。

さぞかし、絶望されたことだろうと思いますが、至って明るく、元気です。

サラリーマン時代の武勇伝にいつも笑わされます。


なんだか、彼が盲人だと言うことを忘れてしまいそうです。

だからときどき、「このアジサイは綺麗ですね」などと話しかけ、あわてることがあります。

そんな私を彼は咎めたりしません。


今日は新宿のゴールデン街の思い出を拝聴しました。

「久しぶりに氷で『角瓶』を飲んで思い出しちゃったよ」と言っていました。

私も、みんなで入った神田の駅近の飲み屋街を思い出してしまいました。


お互い元気だったらご一緒したかったとつくづく思いました。

瓢箪から駒

トランプ大統領が面白い発言をし出したようですね。

「日本の船は日本が守れ」とか・・・。

「安保条約は不平等だから廃棄するべきだ」とか。


大いに結構なことです。

そもそも、アメリカ軍が本気で日本を守ってくれるとは思えません。

アメリカにとって必要な範囲で日本を守るくらいが関の山でしょう。


それも、もう止めたというなら、日本もアメリカへの基地の提供は即刻止めればいいのです。

イランとアメリカが戦争を始めたら大事です。

イランは大国です。


その大国の正規軍との戦争は、アメリカにとって日本との戦争以来のおお事。

どれほどの規模の戦争になるか、想像もできません。

アメリカが、日本の石油のために、多大な犠牲をしてまでホルムズ海峡を守るなど幻想でしょう。


ホルムズ海峡を通過して日本に運ばれる石油がストップするのは目に見えています。

限度額適用認定証

勤務先の健康診断を忘れていました。

慌てて飛び出しましたが、女性の時間ですと断られて仕方なく午後に。

それにしても、健診を忘れるほどやることがあって幸せです。


毎日毎日忙しすぎます。

6月は目が回りそうでした。

その忙しさも27日にはほぼ片付きます。


MRIやペットの検査結果を受け、医師の診断が下ります。

どんな診断を下してくれるのか、考えると眠れそうにないので考えないことにしています。

明日のことは分かりません。


どうにでもなれとは思いませんが、どうにかなるだろうと思っています。

先走って考えても、癌はまだまだ未知の病ですね。

とりあえず、国保の限度額適用認定証を役所で発行してもらいました。


使わないで済めばラッキーですが、限度額が思ったより高いのが辛いところです。

年金問題

逃走した男が横須賀で捕まりホッとしました。

それにしても、検察官や警察官が7人も雁首揃えて、逃げられるとは・・・。

役所も暇と言うか、間抜けと言うか、話になりませんね。


年金問題の国会論議にも呆れます。

年金の将来が心配なのは国民共通の認識。

それを、報告書を受け取らなかったり、不安を示す文言を消せば、


それで将来の年金問題が解決するのでしょうか。

選挙の前に問題がクローズアップされるのが困るという与党の損得がすべて。

あまりといえばあまりにも国民を愚弄する政府の対応です。


秋から導入される消費税の軽減税率も心配です。

「軽減税率」そのものが曖昧な上に、その仕組みがまた複雑。

盛んに、「対応レジ」の導入を宣伝し始めました。


今頃そんなことをはじめて間に合うのかな?

そこに、「消費税ポイント還元」が加わります。

小売店の経営者は頭を抱えることになりそうですね。


年寄りにも難しすぎますね。

ポイント還元には電子マネーが必要。

その一つ「PayPay(ペイペイ)」のコマーシャルなど、意味不明。


何の宣伝かしら?ゲーム?といったところです。

攻撃10分前

トランプはイラン攻撃10分前にストップさせたそうです。

一触即発。

世の中キナ臭くなりました。


わが安倍総理の外交努力は結実しませんでした。

わたしの思うに、どうも、訪問先をミスしたようですね。

本当に、ホルムズ海峡の安定を望むなら、アメリカに行くべきでしょう。


どうも、イランと戦争したがっているのはポンペオ国務長官やジョン・ボルトンといった文民統制派。

この人たちを説得しないと始まらない感じですね。

料理は段取り

カミさんの膝の調子で、料理がわたしに振られます。

朝食だけを考えればいい場合いと、3食の準備は段違いですね。

朝から晩まで料理のことを考えていないといけない。


気がついたら昼食忘れたり・・・・。

主婦の苦労がよく分かります。

今朝も気づいたら鶏肉を一枚腐らせて仕舞いました。


出来るだけ無駄なく、栄養のバランスが取れた、美味しい食事を朝昼晩。

これってなかなか難しい。

新米主夫には至難の業です。


そのためのポイントは段取り。

上手に買い物した食材を使って美味しい料理を続けて作れるとヤッターと思います。

明日は買出しです。


鶏肉、豚肉、牛肉、魚、干物、野菜も葉物、キノコ類、豆、瓜各種、根菜、海草、果物、漬物、練り物・・・。

安売りスーパーを巡って、まずは食材確保からスタートです。