児玉教授の怒り💢

DSC_0027.JPG
東大の児玉龍彦先生が激怒していました。

緊急事態宣言が出されたとき、大学の研究室もロックされ、研究者はステイホーム。

「最前線でコロナと闘うべき研究者がステイホームとは何事ぞ」と言うわけです。

ごもっともな意見。

まさかと思いますが、専門家委員会に東大も京大も理化学研究所の学者もいません。

我が国の最高の頭脳を結集すべき時に、なぜ?

そこには、文科省と厚労省の予算の分捕り合いがあると言うのです。

「開いた口が塞がらない」とはこの事です。

一日で2万件のPCR検査能力を持つ全自動検査機が東大にはあるそうです。

検査データを分析し感染防止や新しい治療法につなげる研究スタッフも揃っているそうです。

児玉教授は、東大の利権を代表しているのかもです知れませんが、それにしても、縦割り行政の弊害もここ迄来たかとあ然とします。

東大は、クイズタレント養成所になってしまったのでしょうか?

数字は踊る

DSC_0040.JPG
コロナの感染者が100人を毎日超えています。

今度はアキバのメード喫茶従業員300人の検査などが予定されていますから、さらに増加しそうです。

緊急事態宣言の可否をアンケートしたところ、80%を超える人が必要と回答したそうです。

私はどうかしていると思います。

マスコミの騒ぎ過ぎではないでしょうか。

3~4月の時点では、検査数が200~300程度でした。

検査を絞りに絞って、重篤な患者やその濃厚接触者に限定されていした。

その中での100でした。

ところが最近はホストクラブの従業員を全員したりと、検査対象が全く違って来ていますし、検査数も5~6倍です。

陽性者の6~7割が2~30代、重症者もほぼゼロと様変わりしました。

「100」と言う数字だけに踊らされるのはおかしな話。

感染の実態をしっかり見ておく必要があります。

今後さらに検査総数が増えれば、当然陽性者も増えます。

一喜一憂することなく、感染の実態に即した対応をしたいですね。

都知事選の結果

DSC_0056.JPG
都知事選の結果は、小池さんの勝利、タローの敗北。

順当な結果とはいえ、わたし的には残念な結果でした。

タローさんの大胆な需要創造策が国民の理解を得るには、まだまだ論議を深める必要がある。

そこを飛ばして都知事選にいきなり15兆を持ち出したのは焦りかな?

コロナ禍はMMTの理解を広める絶好の機会。

腰を据えた闘いを期待します。

言い訳

DSC_0064.JPGミソハギ
昨日は131人の陽性。

小池都知事の説明では「積極的に夜の町関連の検査をしている」ことが増えた原因らしい。

「感染者が多いのは検査のやり過ぎだ」そう言ったトランプと似てますね。

少ない検査で感染を抑えたことを「日本モデル」と安倍さんも誇らしげに言ってました。

この三人の意見をまとめると「検査しなけりゃ陽性者も出ないメデタシメデタシ」かな?

私はまだまだ検査が少ないと思います。

病院、介護施設、学校の先生、保育士などは全員検査すべきだと思います。

なにしろ無症状の感染者が多いのですから。それしかないと思います。

マスクと自粛だけでは防ぎきれないでしょう。

挙げ句の果の休業要請より検査の徹底の方がいいでしょう。

スポーツ用のマスクを買いました。

確かに楽ですけど、ダンスにマスクは似合いませんね。

早くマスクのいらない日常をと、思います。

横浜市長 雲隠れですか?

横浜の感染拡大が心配です。
林市長は、何してるのかな?

横浜には「接待を伴う飲食店」が何軒あるのでしょうか?

ホストやホステスへの検査は?
 
濃厚接触者への追跡調査は?

市はどんな対策をとっているのでしようか?

市民の不安に答えて下さい。