精神安定剤

DSC_0121.JPG
6月、7月とカミさんは眠れない日が続きました。

夜半の胸のムカムカは、市民病院での精密検査で、狭心症ではないと結果が出ました。

結局、逆流性食道炎が原因と判明し、さらに胃酸を中和する薬など処方して頂きましたが、一向に良くなりませんでした。

悩んだ挙げ句、飲ませた入眠剤がてきめんに効いて爆睡。

それで、8月はじめ急きょ神経内科の診察をお願いし、安定剤2種類を処方して頂きました。

不思議なことにこの安定剤が効きに効いてなんと逆流性食道炎まで治まってしまいました。

本来、治るはずのない「逆流」がなぜ治ったのか? 安定剤の効能をネットで調べて驚きました。

その安定剤は、もともと胃潰瘍など消化器の薬だったそうです。

病は気からと言いますが、精神的ストレスから発症する病気は沢山あります。

安倍首相の潰瘍性大腸炎もストレスから来たのは間違いないでしょう。

それにしても、胃腸の薬がまったく効かなかったのに、安定剤で治るとは本当に驚きです。

良かった良かったと喜んでいると、今度はカミさんの身体能力の著しい低下が。

2度3度と転倒。あちこちにアザを作ってしまいました。

最初は草を取ろうとして反対に草に引っ張られて顔面からコンクリート直撃。

笑い話のような転倒からはじまり、とうとう今朝は布団から立ち上がれなくなる迄に。

来週、先生に相談して再度処方をお願いすることにしました。

眠れないのも困りますが、効き過ぎて一日中ボーッとしていたのではそれも困ります。

「訪問看護師」もお願いし、薬の調整などもお願いすることにしました。

週1度30分程訪問してくれて様子を見て対応してくれるそうです。

介護は1割負担なので500円ほどの負担です。

こうした様々な福祉制度を利用できるのも、ケアマネの娘がいるからと言うこともあると思います。

いろいろな負担を抱え一人悩んでいる皆さん、ぜひ福祉制度を12分に活用して下さい。

それにしても薬と毒は紙一重。

頼もしくもあり、恐ろしくもありです。

ブログにアップした絵は昨日カミさんが描いたものです。

記憶や足腰はどんどん悪くなりますが、俳句を作ったり絵を描くことは益々腕が上がっているようにも思えます。

「余白になんか字も書いたら?」

「君の名はがいいかしら」

「どういう意味?」

「絵が下手で、花の名前が分からないから」

「花の名は?ってこと」

「そう」

「そんなことないよ。お前の最高傑作だと思うよ」

昨日の夫婦の会話でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

安清やっさん
2020年09月04日 22:20
草の名

人の知ってる草の名は、私はちっとも知らないの。
人の知らない草の名を私はいくつも知ってるの。
それは、私がつけたのよ、好きな草には好きな名を。

人の知ってる草の名も、どうせ誰かがつけたのよ。

ほんとの名まえをしってるは、空のお日さまばかりなの。
だから私はよんでるの、私ばかりでよんでるの。

~by【金子みすず】~
山野草
2020年09月11日 14:00
金子みすずの博物館に行った事があります。

世の中にはこんな天才が突然空から降ってくるように現れる事があるのだと感心した。

北の啄木西のみすず。そんな風に思ってます。