快挙ダァー!

DSC_0143.JPG
カミさんがデイサービスから賞状をもらって来た。

「あなたの作品は全国書画展覧会運営委員会主催の第四十一回ふれあい書道展で頭書の成績を収められましたので賞します」
とある。

頭書の成績は「特選」。

「筆の都」広島県熊野町全国書画展覧会運営委員会(印)

どうも筆作りで有名な熊野町の書画普及作戦の一環で創められた展覧会らしい。

それにしても立派な賞状で、真ん中に作品が印刷されている。

書いた文字は「水仙」。

「入れ」も「払い」も「跳ね」も見事なもの。

私など足下にも及ばない。

「こいつほんとに惚けてんのか?」

つくづくカミさんの顔を覗き込んでしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

志学舎だるま塾
2020年09月16日 13:35
傘寿超え 米寿に至る 途すがら

見事に咲けり 水仙の華
           ~読み人知らず~

山野草
2020年10月05日 10:32
あれから、カミさんすっかり書道にはまり毎日練習しています。

コロナ自粛の影響もあり、一時崩れた体調もだいぶ復活して、朝晩の食事の支度も二人でやれる様になりました。

「俳句の会」も施設の仲間と立ち上げ、意外な人から参加の声が掛かったりして毎日が楽しい様子です。

素敵な歌をありがとう。来年は夫婦で行きたいと思います。