草木の名前

DSC_0206.JPG ツワブキ
山仕事に行く父に連れられて山道を歩いていると、父が木の名前を教えてくれました。

なんの興味もなかった私は、馬耳東風と聞き流していました。

それでも、身近な役に立つ木などの名前は覚えました。

息子が中学生になって、桜と梅の区別がつかないと知り、唖然とした事を覚えています。

そんなことがあって、私がそれなりに身近な草木の名前を知っているのは、繰り返し草木の名前を教えてくれた父のお陰と感謝しています。

兄弟で旅行に行くと二人の姉が、競うように草花の名前を教えてくれました。

それはそれは博識で、身近な花は無論、鳥海山や大山などに登ったとき、そこに咲く高山植物の名もほぼ全て知っていました。

そんな旅の経験がきっかけで姉の山野草栽培に弟子入りしました。

最初はすべての花の名が珍しく、なかなか覚えられず苦労しましたが、少しづつ覚えることができました。

最近は道を歩きながらできるだけ花の名を暗唱しています。

歳のせいで忘れる事を防ぐには、繰り返し思い出すしかありませんから。

ダンスのパートナーは横浜郊外にお住まいで、よく山の中を歩くそうです。

散歩の途中、花を良く見るようですが、名前には全く興味がない様子です。

田舎育ちで、実家は山林もたくさん所有しているというのに「杉」と「檜」の区別もつきません。

頭がおかしいのかな?と思ったこともありますが、興味がないとはそういう事なのだとつくづく思います。

名前が分かった方が十倍楽しめますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント